PR

 携帯電話向け広告ネットワークの米AdMobは米国と英国で現地時間2009年8月27日,モバイル・アプリケーション販売/配布サイト「Android Market」と「App Store」の利用状況に関する調査結果を発表した。それによると,1カ月間にダウンロードするアプリケーションの平均本数は,Androidユーザーが9.1本,iPhoneユーザーが10.2本,iPod touchユーザーが18.4本だった。

 有料アプリケーションの月平均ダウンロード本数は,Androidユーザーが1.0本,iPhoneユーザーが2.6本,iPod touchユーザーが2.0本。有料アプリケーションを月に1本以上ダウンロードするユーザーの割合は,Androidが19%,iPhoneが50%,iPod touchが40%で,AndroidよりもiPhone/iPod touchユーザーの方が活発にダウンロードしていた。ただし,アプリケーションに対する支出傾向は似ているという。全体で平均すると,1人のユーザーが1カ月間に約9ドルで5本のアプリケーションを購入していた。

 アプリケーションの選択は,いずれの端末もユーザーの大多数がパソコンではなく直接端末から各サイトにアクセスして行っていた。アプリケーションの購入理由を尋ねたところ,「無料版で気に入ったから」という回答が最も多かった。

 また,AdMobが同社の広告ネットワークを分析したところ,2009年7月における米国内のスマートフォン利用シェアは,iPhoneが60%,BlackBerryが13%,Androidが12%だったという。

[発表資料]
[調査報告書]