PR

 インターネット広告の標準策定団体であるInteractive Advertising Bureau(IAB)と米PricewaterhouseCoopers(PwC)は米国時間2009年10月5日,米国オンライン広告市場に関する調査結果を発表した。それによると,2009年上半期の売上高は約109億ドルで,2008年上半期と比べ5.3%減少した。

 広告形態別の売上高を見ると,最大分野である検索広告は51億4800万ドルで前年上半期をわずかに上回った。市場全体に占める割合は47%だった。バナー,リッチ・メディア,デジタル・ビデオなどを含めたディスプレイ関連広告は合計37億5900万ドル(シェアは34%)で前年上半期と比べ1.1%減少した。しかしデジタル・ビデオのみに限ってみれば,38%成長している。

 クラシファイド(求人や不動産などの案内)広告の売上高は11億1600万ドル(シェアは10%),リード生成広告は7億2800万ドル(同7%),電子メール広告は1億4900万ドル(同1%)となり,いずれも前年上半期よりも減少した。

■2009年上半期の米国オンライン広告市場,形態別売上高ベースのシェア
(カッコ内は金額,単位100万ドル)

形態                  2009年上半期   2008年上半期
-------------------   ------------   ------------
検索                   47% (5,148)    44% (5,064)
ディスプレイ関連       34% (3,759)    33% (3,799)
   バナー              22% (2,394)    21% (2,418)
   リッチ・メディア     7% (  704)     7% (  806)
   デジタル・ビデオ     4% (  477)     3% (  345)
   スポンサシップ       2% (  184)     2% (  230)
クラシファイド         10% (1,116)    14% (1,611)
リード生成              7% (  728)     7% (  806)
電子メール              1% (  149)     2% (  230)

出典:IAB

[発表資料へ]