PR

 米Gartnerが米国時間2010年2月23日に発表した調査結果によると、2009年における世界の携帯電話機の販売台数は12億1100万台となり、前年に比べ0.9%減少した。第4四半期では、3億4000万台で前年同期に比べ8.3%増と1ケタ成長。スマートフォンや低価格端末の伸びに支えられ好調に推移した。

 携帯電話市場のトップ5メーカーは、フィンランドNokia、韓国Samsung Electronics、韓国LG Electronics、米Motorola、英Sony Ericsson Mobile Communications。これら上位5社のうち韓国の2社以外は販売台数が落ち込んだ。5社を合わせたシェアは前年の79.7%から75.3%に減少した。

 第4四半期のスマートフォン販売台数は5380万台で前年同期比41.1%増。スマートフォンは2009年の1年間で1億7240万台に達し、前年から23.8%伸びた。米AppleやカナダResearch In Motion(RIM)といったスマートフォンを主力にしているメーカーが、大手携帯電話メーカーからシェアを奪っている。AppleとRIMの世界スマートフォン市場におけるシェアはそれぞれ14.4%と19.9%に上昇した。

 OS別のシェアでは、Symbianが首位を維持したが、そのシェアは5.4ポイント減少した。RIMやAppleとの競合や、Nokiaの高価格帯端末の販売低迷が影響した。好調だったのは、AndroidとiPhone OS。Androidのシェアは前年の0.5%から3.9%に上昇した。iPhone OSのシェアは6.2ポイント伸び、Windows Mobileを4位に押し下げた。

 Gartnerリサーチ・ディレクタのCarolina Milanesi氏は、「2月半ばに開催されたイベント『Mobile World Congress 2010』の傾向を振り返ると、2010年は引き続き、OS、サービス、アプリケーションに強い関心が注がれる」と述べている。同氏は、2010年における市場全体の売り上げ成長率が2ケタ台の前半になると見ている。ただし競争の激化によりメーカーの利益は圧縮される傾向にあるとしている。

表1●2009年エンドユーザー向け携帯電話機の世界販売台数(単位:100万台)
メーカー 2009年 2008年
販売台数 市場シェア 販売台数 市場シェア
1.Nokia 440.9 36.4% 472.3 38.6%
2.Samsung 235.8 19.5% 199.3 16.3%
3.LG Electronics 122.1 10.1% 102.8 8.4%
4.Motorola 58.5 4.8% 106.5 8.7%
5.Sony Ericsson 54.9 4.5% 93.1 7.6%
その他 299.2 24.7% 248.2 20.3%
合計 1211.2 100.0% 1222.3 100.0%
※数字にはiDEN規格の製品を含むがODM、OEM製品は含まない
出典:Gartner(2010年2月)
表2●2009年エンドユーザー向けスマートフォンのOS別世界販売台数(単位:1000台)
メーカー 2009年 2008年
販売台数 市場シェア 販売台数 市場シェア
1. Symbian 80,878.6 46.9% 72,933.5 52.4%
2. Research In Motion 34,346.6 19.9% 23,149.0 16.6%
3. iPhone OS 24,889.8 14.4% 11,417.5 8.2%
4. Windows Mobile 15,027.6 8.7% 16,498.1 11.8%
5. Linux 8,126.5 4.7% 10,622.4 7.6%
6. Android 6,798.4 3.9% 640.5 0.5%
7. WebOS 1,193.2 0.7% --- ---
その他 1,112.4 0.6% 4,026.9 2.9%
合計 172,373.1 100.0% 139,287.9 100.0%
出典:Gartner(2010年2月)

[発表資料]