PR

 米国半導体工業会(SIA)は米国時間2010年3月1日、世界半導体市場に関する調査結果を発表した。2010年1月の売上高は225億ドルで、前月の224億ドルを0.3%上回り、前年同月の153億ドルからは47.2%増の大幅成長となった。前年実績を上回るのは3カ月連続となる。

 SIA議長のGeorge Scalise氏によると、2009年1月と2月の半導体業界は、世界的不況の影響でどん底にあった。しかし現在、パソコン、携帯電話、自動車、工業用機械など、業界の需要を促進する幅広い分野で強さが見られるという。同氏は、「この傾向が続けば、2010年通期の業界は、昨年11月時点の予測である2421億ドルを超える可能性がある」との見解を示した。

■表1 2010年1月の世界半導体総売上高(前月比、単位:10億ドル)
=============================================================
地域           2009年12月         2010年1月         成長率
-------------------------------------------------------------
米大陸            3.83               3.76            -1.9%
欧州              2.94               2.93            -0.3%
日本              3.61               3.52            -2.6%
アジア太平洋     12.04              12.28             2.0%
-------------------------------------------------------------
合計             22.43              22.49             0.3%
=============================================================
出典:SIA

■表2 2010年1月の世界半導体総売上高(前年同月比、単位:10億ドル)
=================================================================
地域           2009年1月          2010年1月         成長率
-----------------------------------------------------------------
米大陸            2.54               3.76            48.2%
欧州              2.27               2.93            29.5% 
日本              3.23               3.52             9.1% 
アジア太平洋      7.26              12.28            69.2% 
-------------------------------------------------------------
合計             15.28              22.49            47.2%
=================================================================
出典:SIA

[発表資料へ]
[売上高表(PDF文書)]