PR
スマートフォンの購入を検討している回答者の中では、6月24日に発売する「iPhone 4」の人気が圧倒的だ(出典:MMD研究所)
スマートフォンの購入を検討している回答者の中では、6月24日に発売する「iPhone 4」の人気が圧倒的だ(出典:MMD研究所)
[画像のクリックで拡大表示]

 MMD研究所は2010年6月14日、「iPhone 4、及びその他スマートフォンの購入意向に関する実態調査」の結果を発表した。調査期間は6月4日~6月9日までの6日間でWebにて実施し、有効回答数は1866だった。

 調査では、スマートフォンの購入を検討しているか否かについて質問。現在所有している携帯電話の買い替え、新規購入を合わせ、36.2%がスマートフォンの購入を検討していると回答した。購入を検討している機種については、6月24日にアップルから発売されるソフトバンクの「iPhone 4」が61.5%、NTTドコモの「Xperia」が24%、auから6月以降に発売される予定の「IS」シリーズが14.1%となった。また、現在発売されている「iPhone 3GS」を検討している回答者も13.9%いた(いずれも複数回答)。

 スマートフォンの購入を検討している回答者を対象に、現在使用している携帯電話からの「買い替え」か、追加する「買い増し」かという質問したところ、「買い替え」が50.4%、「買い増し」が30.5%となった。なお、多くのスマートフォンで利用できるWi-Fi接続に関して、自宅にインターネット環境がある回答者の中で、Wi-Fiを利用していると答えたのは53.6%だった。