PR

 米Gartnerは米国時間2010年6月21日、世界のモバイル・バンキング・サービス市場に関する調査結果を発表した。それによると、モバイル決済サービスのユーザーは2009年の7020万人から、2010年には54.5%増の1億860万人近くにのぼり、全モバイルユーザーの2.1%を占める見通しだ。

 GartnerリサーチディレクターのSandy Shen氏によると、モバイル決済は、アジアをはじめ東欧や中東、アフリカなど、新興市場で大幅に成長している。一方、北米や西欧では、ほかにも支払い手段がさまざまあるため、モバイル決済の普及は遅れている。

 2010年のモバイル決済ユーザーを地域別で見ると、アジア太平洋地域が6280万人で最も多く、同地域における全モバイルユーザーの2.6%を占める。次いで東欧/中東/アフリカが2710万人で、全モバイルユーザーに対する割合は2.1%となる。

[発表資料へ]