PR

 米IDCが米国時間2010年7月14日に発表した世界パソコン市場に関する調査結果によると、同年第2四半期の世界パソコン出荷台数は8150万5000台となり、前年同期に比べ22.4%増加した。この伸び率は事前予測値の22.9%にほぼ一致する。パソコン市場は回復期にあり、引き続き堅調に推移するとIDCは見ている。

 ここ最近の需要回復を支えているのは、老朽化した企業パソコンの買い換え、メディア消費型の低価格パソコンの急増、新興国などにおける低価格パソコンの普及という。

 第2四半期は、米Hewlett-Packard(HP)が出荷台数で首位を維持した。同社のシェアは18.1%。HPの出荷台数伸び率は米国市場の平均を上回ったものの、世界市場では平均を10ポイント以上下回った。2位には、台湾Acer(シェア12.6%)を抜いて米Dell(シェア13.0%)が返り咲いた。アジア太平洋地域や中南米における企業ユーザーの需要増に支えられた。

 IDCによると、過去2四半期続いた消費者需要の高い伸びは、予測通り鈍化し始めているという。「消費者市場は依然堅調だが、今後年末にかけて緩やかに鈍化していく。一方で企業市場の成長がより安定し、買い換えも進む」とIDCクライアント/ディスプレイ担当副社長のBob O'Donnell氏は述べている。

 米国の出荷台数は前年同期と比べ12.6%増加しており、市場が回復していることを示している。ただ、2010年第1四半期(19%増)や2009年の第4半期(25%増)のような高い伸びは達成できなかった。EMEA(欧州/中東/アフリカ)は、財政危機などの不安材料があったものの、消費者や企業の需要が堅調で、パソコン市場は期待通りに推移した。

 日本は、デスクトップとノートパソコンの伸びが寄与して、引き続き2けた成長だったが、第1四半期の25%増という水準には達しなかった。日本を除くアジア太平洋地域は、35%増と高い伸びで、デスクトップパソコンが好調だった。引き続きノートパソコンがけん引役となり、ほぼすべての国で2けた成長が続くとIDCは予測している。

■2010年第2四半期におけるトップ5ベンダー別世界パソコン出荷台数(速報値)
(単位:1000台)
順位 ベンダー 2010年Q2 2009年Q2 伸び率
出荷台数 市場シェア 出荷台数 市場シェア
1 HP 14,765 18.1% 13,154 19.7% 12.2%
2 Dell 10,616 13.0% 8,910 13.4% 19.1%
3 Acer 10,238 12.6% 8,475 12.7% 20.8%
4 Lenovo 8,344 10.2% 5,665 8.5% 47.3%
5 東芝 4,343 5.3% 3,441 5.2% 26.2%
5 ASUS 4,318 5.3% 2,352 3.5% 83.6%
その他 28,880 35.4% 24,611 36.9% 17.3%
合計 81,505 100.0% 66,608 100.0% 22.4%
出典:IDC
■2010年第2四半期におけるトップ5ベンダー別米国パソコン出荷台数(速報値)
(単位:1000台)
順位 ベンダー 2010年Q2 2009年Q2 伸び率
出荷台数 市場シェア 出荷台数 市場シェア
1 HP 4,721 25.7% 4,136 25.4% 14.2%
2 Dell 4,408 24.0% 3,974 24.4% 10.9%
3 Acer 2,028 11.0% 2,008 12.3% 1.0%
4 Apple 1,618 8.8% 1,402 8.6% 15.4%
5 東芝 1,560 8.5% 1,225 7.5% 27.3%
その他 4,021 21.9% 3,560 21.8% 21.8%
合計 18,357 100.0% 16,305 100.0% 12.6%
出典:IDC

[発表資料へ]