PR
図1●2009年度の主なITサービス会社の売上高と経常利益の伸び率
図1●2009年度の主なITサービス会社の売上高と経常利益の伸び率
[画像のクリックで拡大表示]

 ハード/ソフトウエアメーカーを除く主要ITサービス会社(ソリューションプロバイダ)の2009年度業績は厳しい結果となった。売上高を伸ばした企業は2割にも満たず、全体で7.6%のマイナス成長だ(図1)。本特集は、「成長性」や「収益力」、「生産性」、平均給与、役員報酬などの面からITサービス会社の実力を分析、独自ランキングを作成した。ITサービス会社は自社のポジションを知るのに役立つだろう。ユーザー企業にとっては、パートナー企業の実態を把握する格好の材料になるはずだ。

 2009年度に増収増益を達成したのは、調査対象142社中11社である。減収の企業は117社、減益の企業は100社だ。

 本記事の最後に掲載した売上高ランキングを見てほしい。売上高1000億円を超えたのは、1145億円5600万円で26位の日立システムアンドサービスまでである。売上高500億円以上の企業は48社だった。

 売上高1兆円を超えた企業は、NTTデータのみ。この状況は以前と変わらない。NTTデータは対前年度比0.3%増の1兆1429億4000万円だった。カード決済ネットワークサービスやコンサルティング事業、運用・保守サービス事業などが堅調に伸びた。

 これに対し、2位のキヤノンマーケティングジャパンは売上高を前年度よりも17%減らし、6866億1400万円だった。システム構築や複合機/関連サービスなどの事業が不振だったためである。

 首位のNTTデータを除く上位企業が売上高を減らすなか、13位のみずほ情報総研の成長性(売上高伸び率)が目を引く。売上高を前年度に比べ18.6%増やし、2000億円を超えた。時価会計対応ソフトや音声認識ソフトなどが、金融業界を中心に好調だった。