PR

 米IDCは米国時間2011年1月18日、メディアタブレット(タブレット型コンピュータ)の世界市場に関する調査結果を発表した。それによると、2010年第3四半期の世界出荷台数は480万台で、第2四半期の330万台と比べ45.1%増加した。米Appleの「iPad」は第3四半期に約420万台を出荷し、市場全体の87.4%を占めた。

 IDCは、2010年のメディアタブレット出荷台数を約1700万台と推計している。同市場は2011年に4460万台、2012年に7080万台規模へと拡大する見込み。ベンダー各社による新機種投入や、価格および性能面での競争激化、消費者と企業の両市場での需要増加などが、今後の市場成長を推し進める。

 2011年第1四半期は複数の主要ベンダーが新製品を発売する予定で、市場は急速に成長する。米Motorolaは米Googleの次期モバイルOS「Android 3.0」(開発コード名「Honeycomb」)を搭載した機種を、カナダResearch In Motion(RIM)はビジネス向けの「BlackBerry PlayBook」をリリースする。

 タブレット端末の人気上昇は、メディアタブレットだけでなく電子書籍リーダーの普及にも表れている。2010年第3四半期における電子書籍リーダーの世界出荷台数は270万台で、前期比40%増加した。首位ベンダーは米Amazon.com(シェアは41.5%)、2位は米Pandigital(同16.1%)、3位は米Barnes & Noble(同15.4%)だった。

 2010年の出荷台数は推計1080万台で、米国が72.4%を占める。価格競争、カラーディスプレイ搭載モデルの登場、コンテンツの拡大などにより、2011年の世界出荷台数は1470万台、2012年は1660万台に達すると、IDCは予測している。

[発表資料へ]