PR

 米comScoreは米国時間2011年1月21日、米国のオンラインビデオ市場に関する調査結果を発表した。それによると、2010年12月にオンラインビデオを視聴した米国インターネットユーザーは1億7200万人で、1人当たりの視聴時間は平均873.1分(14.6時間)だった。

 視聴者数ベースのランキングでは、VEVOが3位に付けた。米Universal Music Group(UMG)などが共同で開設した同サービスは着実に拡大し、12月に5060万人のユニーク視聴者を集めた。その多くがYouTubeサイト上のVEVOチャンネルからのアクセスだった。

 首位は米Googleが維持し、1億4480万人のユニーク視聴者を獲得した。そのうちほとんどをYouTubeが占めている。2位は米Yahoo!で、ユニーク視聴者数は5310万人。4位は米AOL(ユニーク視聴者数は4860万人)、5位は米Viacom Digital(同4590万人)だった。

 視聴者1人当たりの平均視聴時間はGoogleが最も長く、274.3分だった。視聴者数ベースで10位の米Huluは、平均視聴時間が217.1分でGoogleに次いで長かった。

■2010年12月のサイト別オンラインビデオ視聴状況(家庭/職場/大学ユーザーを含む)

サイト        ユニーク視聴者数   視聴セッション数   1人当たりの平均
                       (1000)           (1000)    視聴時間(分)
全体                   172,109          5,156,086             873.1
Google                 144,757          1,924,214             274.3
Yahoo!                  53,050            191,367              30.0
VEVO                    50,594            266,448              89.9
AOL                     48,550            252,561              31.2
Viacom Digital          45,880            148,321              51.6
Facebook.com            41,119            124,546              14.6
Microsoft               36,589            132,747              50.4
Fox Interactive Media   28,902             90,959              19.3
Turner Digital          26,943             89,204              23.4
Hulu                    26,493            131,127             217.1

出展:comScore

[発表資料へ]