PR

 調査会社の米Gartnerは英国時間2011年1月26日、世界のモバイル・アプリケーション市場に関する調査結果を発表した。2011年におけるモバイル・アプリケーションストアの売上高は、エンドユーザーによる購入とアプリケーションの広告収入を合わせて151億ドルに達し、2010年の52億ドルから190%成長する見通し。市場はその後も急成長を続け、2014年には580億ドル規模に拡大すると予測している。

 モバイル・アプリケーションストアからのダウンロード(無料配信または販売)件数は、2010年は推計82億件だった。2011年は前年比117%増の177億件に達する見通しで、そのうち無料アプリケーションが81%を占める。

 モバイル・アプリケーションをオンラインで配信・販売するサービスは、2008年7月に米Appleの「App Store」が開設されたのをはじめとして、現在では米Googleの「Android Market」、フィンランドNokiaの「Ovi Store」、カナダResearch In Motion(RIM)の「BlackBerry App World」、米Microsoftの「Windows Marketplace for Mobile」などがある。Gartnerの推計によれば、こうしたサービスを通じたモバイル・アプリケーションのダウンロード件数は2014年に累計1850億件を超える。

 Gartner調査ディレクターのStephanie Baghdassarian氏は、「モバイル・アプリケーションを取り巻く熱狂は一時的なもので、他の流行と同様にいずれ終わってしまうのではないかと考えている人は多い。しかし当社はそうは思わない。モバイル・アプリケーションストアには、非常に大きな事業機会があると確信している」と述べている。

[発表資料へ]