PR

 米IDCは米国時間2011年2月7日、世界のスマートフォン市場に関する調査結果を発表した。2010年第4四半期のベンダー出荷台数は1億90万台で、前年同期と比べて87.2%増加した。2010年全体の出荷台数は3億260万台となり、前年比74.4%拡大した。

 米Googleのモバイルプラットフォーム「Android」は順調に成長し、スマートフォン市場の伸びをけん引している。また、複数のベンダーにとって戦略の要になっており、フィンランドNokiaのモバイルプラットフォーム「Symbian」からシェアを奪いつつある。

 第4四半期のベンダー別出荷台数シェアを見ると、Nokiaが28.0%で首位を維持したが、前年同期と比べて10.6ポイント縮小した。2位の米Appleは横ばいの16.1%、3位のカナダResearch In Motion(RIM)は5.4ポイント減の14.5%だった。Android搭載端末の製造を手がける韓国Samsungと台湾HTCは4位と5位につけ、それぞれ9.6%と8.5%のシェアを獲得した。両社合わせたシェアは18.1%で10.3ポイント増加した。

 また、当期に登場したNokiaと米Microsoftの最新OSはいずれも好調だった。Nokiaの「Symbian^3」は500万台、Microsoftの「Windows Phone 7」は約150万台出荷した。しかしホリデーシーズンを含む四半期を過ぎた今、両プラットフォームはこの勢いを維持していくことが重要になる。

 IDCは、2011年もスマートフォン市場はいっそう拡大するとみている。これまではハイエンド機が市場成長を支えていたが、ベンダーはより安価なミッドレンジ機やローエンド機を大衆向けに提供するようになる。価格を下げたハイエンド機も投入するだろう。このため競争はさらに激化し、ユーザーの選択肢はさらに広がると、IDC携帯電話技術およびトレンド担当上級リサーチアナリストのRamon Llamas氏は予測している。

■2010年第4四半期における世界スマートフォン出荷台数(単位:100万台)
--------------------------------------------------------------------
ベンダー        2010年Q4               2009年Q4           増加率
           ------------------     ------------------
           出荷台数    シェア     出荷台数    シェア
--------------------------------------------------------------------
Nokia        28.3      28.0%       20.8      38.6%       36.1%
Apple        16.2      16.1%        8.7      16.1%       86.2%
RIM          14.6      14.5%       10.7      19.9%       36.4%
Samsung       9.7       9.6%        1.8       3.3%      438.9%
HTC           8.6       8.5%        2.4       4.5%      258.3%
その他       23.5      23.3%        9.5      17.6%      147.4%
合計        100.9     100.0%       53.9     100.0%       87.2%
--------------------------------------------------------------------
出典:IDC

[発表資料へ]