PR

 米iSuppliは米国時間2011年2月7日、米国のビデオ販売市場に関する調査結果を発表した。それによると、2010年におけるエレクトロニック・セル・スルー(EST)およびインターネット・ビデオ・オンデマンド(iVOD)を通じた米国オンラインビデオ販売は、前年と比べ60%以上成長した。依然として米Appleの「iTunes Store」が優勢だった。

 iTunes Storeは、2010年の米国オンラインビデオ販売の64.5%を占めた。米AmazonのECサイトや、米Microsoftの「Zune」、ソニーの「PlayStation Store」といった競合サービスの攻勢が高まる中で前年からシェアを9.9ポイント落としたものの、インターネットTV「Apple TV」の第2世代やタブレット端末「iPad」を追い風に、レンタルビデオを中心に利用が進んだ。

 Microsoftは「Xbox 360」ビデオゲーム機用のコントローラー「Kinect」が好調なスタートを切ったことから、第4四半期にZuneビデオプラットフォームを介したビデオ販売が急伸した。

 またiSuppliは、米Wal-Martが将来iTunes Storeを脅かす存在になる可能性があると分析している。Wal-Martは昨年2月にオンライン映画販売/レンタルの「VUDU」を買収し、キャンペーン価格0.99ドルのiVODサービスを展開している。

■2010年における米国オンラインビデオ販売サービス(ESTとiVOD)の売上高シェア

順位   企業        2009年     2010年
1      Apple       74.4%     64.5%
2      Microsoft   11.6%     17.9%
3      ソニー       5.7%      7.2%
       その他       8.3%     10.4%

出典:iSuppli

[発表資料へ]