PR

 米IDCが米国時間2011年3月29日に公表した世界スマートフォン市場予測によると、2011年の出荷台数は、前年の3億340万台から4億5000万台と、49.2%増加する見込み。消費者や企業がより高機能の端末を求めてスマートフォンを導入することから、携帯電話市場全体の4倍の速度で成長が進むと同社は見ている。

 世界のスマートフォン出荷台数は2010年に驚異的な伸びを示したが、これは2009年に消費者の買い控えがあったことの反動。今年は2010年ほどの伸びは見込めないが、依然として目覚ましい成長が続くとしている。

 「過去2年間、スマートフォンのメーカーは旺盛な消費者需要に支えられ、新製品を続々市場投入してきた。結果としてシェア争いが発展し、スマートフォンOSを巡る競争が激化した」(IDC)

 2011年は米Googleが開発を主導する「Android」のシェアが年末までに39.5%となり、前年の2位から首位に浮上するとIDCは見ている。これはメーカー各社がAndroidを製品戦略の基盤ととらえているためで、2011年はその傾向が本格化するという。

 Androidに次いで出荷台数が多いのが、フィンランドNokiaが採用する「Symbian」で、そのシェアは20.9%。この後、米Appleの「iOS」(15.7%)、カナダResearch In Motion(RIM)の「BlackBerry」(14.9%)、米Microsoftの「Windows Phone 7/Windows Mobile」(5.5%)が続くとIDCは予測している。

 NokiaがSymbianからWindows Phone 7への移行を明らかにしており、このことは今後のスマートフォン市場に重要な影響をもたらすとIDCは述べている。NokiaとMicrosoftの新たな提携によって、両社のハードウエア、ソフトウエアには差異化がもたらされ、2015年までにWindows PhoneはAndroidに次ぐ第2位のOSになるとIDCは予測する(関連記事:[MWC2011]「Microsoftとの提携でGoogle,Appleと戦う」-NokiaのCEOが強調)。

■表1 世界スマートフォンのOS別市場シェア予測

OS               2011年         2015年   2011-2015
              市場シェア     市場シェア    成長率
Android          39.5%          45.4%       23.8%
BlackBerry       14.9%          13.7%       17.1%
iOS              15.7%          15.3%       18.8%
Symbian          20.9%           0.2%      -65.0%
Windows Phone 7   5.5%          20.9%       67.1%
Windows Mobile
その他            3.5%           4.6%       28.0%
合計            100.0%         100.0%       19.6%

出典:IDC Worldwide Quarterly Mobile Phone Tracker

[発表資料へ]