PR
図●2010年度メーカー別出荷台数シェア(MM総研の発表資料より引用)
図●2010年度メーカー別出荷台数シェア(MM総研の発表資料より引用)
[画像のクリックで拡大表示]
図●2010年度のスマートフォンOS別出荷台数シェア(MM総研の発表資料より引用)
図●2010年度のスマートフォンOS別出荷台数シェア(MM総研の発表資料より引用)
[画像のクリックで拡大表示]
図●携帯電話の国内出荷台数予測(MM総研の発表資料より引用)
図●携帯電話の国内出荷台数予測(MM総研の発表資料より引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 MM総研は2011年5月10日、2010年度(2010年4月~2011年3月)の国内携帯電話出荷状況を発表した。総出荷台数は前年比9.3%増の3764万台。スマートフォン出荷台数は855万台で前年比約3.7倍に拡大し、総出荷台数の22.7%を占めた。OS別の出荷台数シェアではAndroidが57.4%となり、iOS(iPhone・iPad)の37.8%を逆転して1位となった。

 2010年度通期のメーカー別出荷台数シェアでは、シャープが1位で、出荷台数は858万台(前年比5.0%減)、シェアは22.8%(前年比3.4ポイント減)となった。シャープの首位は2005年度以降6年連続となる。

 2位は昨年度3位の富士通(富士通東芝モバイルコミュニケーションズ含む)で652万台(25.9%増)、シェアは17.3%(2.3ポイント増)。3位は昨年度2位のパナソニック モバイルコミュニケーションズ(以下パナソニックモバイル)で439万台(15.6%減)、シェアは11.7%(3.4ポイント減)。4位はNECカシオモバイルコミュニケーションズ(以下NECカシオ)で401万台(20.0%減)、シェアは10.7%(3.8ポイント減)。5位は京セラで392万台(86.7%増)、シェアは10.4%(4.3ポイント増)。6位はApple(323万台/シェア8.6%)、7位はソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(279万台/シェア7.4%、以下ソニー・エリクソン)。

 スマートフォン市場のメーカー別台数シェアでは1位がApple(37.8%)、2位がシャープ(24.3%)、3位がソニー・エリクソン(9.8%)、4位がSamsung Electronics(9.0%)となっている。OS別では前述のように1位がAndroid(シェア57.4%)、2位がiOS(37.8%)となる。

 2011年度通期出荷台数は前年比3.3%増の3890万台、その後は2012年度は3920万台、2013年度は3940万台と予測している。また、2011年度のスマートフォン出荷台数は前年比2.1倍の1820万台で総出荷台数の46.8%を占めると予測している。

[発表資料へ]