PR

 米Motorolaとレンタカー会社の米Avis Rent A Car Systemは米国時間8月29日に,GPSを用いた交通情報提供に関する提携を発表した。Motorola社の位置情報技術「VIAMOTO」を用いて,Avis社のGPSナビゲーション・サービス「Avis Assist」で,渋滞や工事といったリアルタイムの道路状況の情報を追加する。

 交通情報サイト「Traffic.com」の情報を利用する。同サイトは,道路脇に設置したデジタル・センサーをはじめ,行政機関,オペレーション・センター,航空機などからデータを収集している。ユーザーは,Avis Assist装置のボタンを押すだけで,これから向かう道路の最新情報を取得することができる。渋滞,工事,事故などの状況を表示するほか,迂回路も提示する。

 Avis Assistの使用料は1日レンタルにつき9ドル95セント。ちなみに米メディアの報道(internetnews)によると,「米Nationalと米Alamoの両レンタカー会社もVIAMOTOを導入している」(Motorola社広報担当のSharen Santoski氏)という。

◎関連記事
米SIRIUS,衛星ラジオでリアルタイムの交通情報を提供
米QUALCOMM,米Motorola製ソフトを使ったBREW向け位置情報ソリューション提供へ
米Microsoftが英O2,スウェーデンのTeliaSoneraとリアルタイムの位置情報サービスで提携
米Google,携帯電話向けの地域/道路情報サービスを発表
米Google,衛星写真と3D画像の地図表示ソフト「Google Earth」を発表
米Microsoft,地図検索サービス「MSN Virtual Earth」のベータ・サイトを公開
「米Googleと米Microsoftの衛星画像による地図検索サービスは後者に軍配」,米調査
米Nextelと加RIM,モバイル向け位置情報サービスの開発促進で提携

[発表資料へ]