PR

 米Hewlett-Packard(HP)は,安価なクライアント管理ソフトウエア「HP OpenView Client Configuration Manager」を米国時間8月29日に発表した。米国における希望販売価格はシート・ライセンスあたり25ドルで,「IT予算が限られた顧客に向ける」(同社)。10月にリリースする予定。

 HP OpenView Client Configuration Managerは,製品情報収集,ソフトウエア配布,パッチ管理などの機能をまとめて提供する。「ユーザー自身が調整する必要はほとんどなく,あらかじめ設定してある機能を最大限に活用できる」(同社)。インストール・ウイザードを備えており,最小限のトレーニングおよびコンサルティング費用で導入が行える。

 「HP OpenView Client Configuration Managerは,企業環境でのソフトウエア管理という煩雑かつ重要なタスクを実行するための統合製品でありながら,手軽に購入できる」(HP社Personal Systems Groupマーケティング担当バイス・プレジデントの Eileen O'Brien氏)

 HP OpenView Client Configuration Managerの主な機能は以下の通り。

・インストール済みハードウエア,ソフトウエアの検出
・脆弱性の検出,セキュリティ・パッチの適用,セキュリティ保護のための継続的検証
・ローカル/リモート接続されたパソコンに対する,ソフトウエアの配布とアップデート
・集約的な使いやすい管理コンソール
・インストール製品,セキュリティ,操作に関するレポート機能
・Windows 2000,同XP Professionalに対応

◎関連記事
米HP,新しいクライアント管理スイートを提供開始 
米HP,企業のITプロセスを自動化するソリューションを発表
米HP,米ソフト会社2社を買収し「OpenView」に自動化機能を付加
デル,米Altirisのサーバー管理ツールを自社製品向けにカスタマイズして提供
米HP,プロビジョニング自動化技術の米TruLogicaを買収
米HP,法令順守とSOA向けの新しいOpenView管理ソリューションを発表
米HP,ID管理の各種プロセスを自動化する「OpenView Select Identity」を発表
米HPが米Consera買収手続きを完了,自動管理ソフトを「HP OpenView」ブランドで発表 

[発表資料へ]