PR

 ノルウェーOpera Softwareは,設立10周年を記念して,Webブラウザ「Opera」のライセンス・コードを24時間限定で無償提供する。同社が現地時間8月30日に発表したもの。

 米メディアの報道(TechWeb)によると,無償提供の期限は米国東部夏時間8月31日午前9時(日本時間8月31日午後10時)。ちなみに通常のライセンス・コード料は39ドルである。

 Opera Software社は,1994年にノルウェーの通信事業者Telenorの研究プロジェクトとして発足し,1995年に独立会社としてスピンアウトした。現在では250人の従業員を抱え,その国籍は30カ国に及ぶという。

 同社は10周年記念のWebサイトを開設。Opera Software社のCEOやCTOをはじめとする社員とのチャットできるほか,ゲーム,Operaの歴史,社員が作成したダウンロード・ミュージックなどにアクセスできる。Operaの無償ライセンス・コードは同サイトから入手可能。

 同社CEOのJon S. von Tetzchner氏は,「これまで当社はコミュニティと密に協力し,最良のインターネット体験提供に努めてきた。Operaのために時間と労力を捧げてくれたボランティアの協力なしには,ここまで来ることはできなかっただろう」と述べた。

◎関連記事
ノルウェーOpera Software,Webブラウザ「Opera 8.0」の正式版を公開
ノルウェーOpera,Symbian OS向けブラウザの新版をリリース
ノルウェーのOpera,高等教育機関向け無償ソフトウエア・ライセンスを提供
米Mozilla,「Firefox 1.1」を「同1.5」に改名し3カ月遅れの9月リリースへ
米Mozilla Foundationが営利目的の子会社を設立,開発と配布に注力
「IEのシェアが初めて9割以下に,ただしFirefoxのシェア拡大も減速傾向」,米調査
「Firefoxが2位を維持するもシェアは減少,IEは増加」,米調査
ダークホースIE 7の予想される姿

[発表資料へ]