PR

 米IBMは米国時間9月1日に,オランダの大手銀行ABN AMROとインフラ供給に関する提携を結んだことを明らかにした。期間は5年で,総額は約15億ユーロ(約18億ドル)にのぼる。IBM社のデータ・センター向けオートメーション技術「Universal Management Infrastructure」の導入では「最大規模となる」(同社)。

 ABN AMRO社は,世界中の拠点にIBM社のオンデマンドITインフラを実装し,ITコストを削減しつつ,より迅速に新たなサービスを展開できるようにする。

 IBM社は,ABN AMRO社の戦略的事業部門向けの中核データ・センターを管理する。これらのデータ・センターでは,IBM社製メインフレーム,UNIXサーバー,ストレージ装置などのほか,米Hewlett-Packard(HP)や米Sun Microsystems,米EMCの製品も使用している。ABN AMRO社は,シカゴ,オランダのアムステルダム,ブラジルのサンパウロにメインのデータ・センターを所有する。

 また,提携の一環として,IBM社は開発センター「Innovation Center」を開設し,新たな金融商品に対応した高度ITサービスの開発に取り組む。

 米メディアの報道(InfoWorld)によると,ABN AMRO社は,IBM社のほか,米Accenture,インドのInfosys Technologies,インドのTata Consultancy Services,インドのPatni Computer Systemsともアプリケーション開発に関する5年間のアウトソーシング契約を結んだ。5社の契約総額は18億ユーロ(約22億ドル)という。なお,ABN AMRO社は,約1500人の人員削減を計画しているという。

◎関連記事
「企業の開発業務アウトソーシング,主な目的はコスト削減」,米Evans Dataの調査
「オフショア・アウトソーシングに対する満足度は急落,それでも導入を縮小する企業はわずか」,米調査
「2005年世界のアウトソーシング市場は前年比8%増の1337億ドル規模へ」,米Gartner
米HP,5000万ドルを投じてポーランドにアウトソーシング・センターを新設へ
米Accentureと英BTが人事管理アウトソーシング契約を拡大,総額5億7500万ドル
「欧州では2006年からITスキルを持つ人材が不足する」,米Forrester Research
「多国籍企業で“アウトソーシング率”が高いのは通信インフラ」,仏企業の調査 
みなぎる中印ITパワー

[発表資料へ]