PR

 ハリケーン「カトリーナ」に関する情報を取得しようと,インターネット・ユーザーによる赤十字や米海洋大気庁(NOAA:National Oceanic and Atmospheric Administration)のWebサイトへのアクセスが激増している。米Nielsen//NetRatingsは,カトリーナ上陸前後のトラフィックについて調査した結果を,米国時間9月1日に発表した。

 8月31日に赤十字のWebサイト「RedCross.org」を訪れたユニーク・ユーザーは111万人を超え,前日の39万人と比べて184%急増した。ちなみに,スマトラ沖地震の津波災害があった昨年12月は,ひと月のユニーク・ユーザー数が110万人で,2005年1月は200万人強だった。

 NOAAのWebサイト「NOAA.gov」は,8月22日のユニーク・ユーザー数が64万人だったが,ハリケーンの暴風域の航空写真を更新した8月29日には,402%増の320万人となった。

 赤十字やNOAAのサイトでは,救済支援寄付を呼びかけている。「AP通信の記事によると,9月1日時点の寄付額は約2100万ドルで,そのうち1500万ドルはオンラインを通じて集まった」(赤十字のKara Bunte氏)

■Redcross.orgの1日あたりのユニーク・ユーザー数
(米国家庭および職場のインターネット・ユーザー)

               8月30日のユニーク・     8月31日のユニーク・
サイト         ユーザー数(1000人)    ユーザー数(1000人)    増加率
---------------------------------------------------------------------
Redcross.org         392*                    1,112              184%
---------------------------------------------------------------------
*少数サンプルによる推計
出典:Nielsen//NetRatings社
■NOAA.govの1日あたりのユニーク・ユーザー数
(米国家庭および職場のインターネット・ユーザー)

               8月22日のユニーク・     8月29日のユニーク・
サイト         ユーザー数(1000人)    ユーザー数(1000人)    増加率
---------------------------------------------------------------------
NOAA.gov             641*                    3,221              402%
---------------------------------------------------------------------
*少数サンプルによる推計
出典:Nielsen//NetRatings社
 カトリーナに関する最新の情報を求めて,インターネット・ユーザーがニュースや天気予報のWebサイトに殺到している。主要なWebサイトでは,トラフィックが1週間で3ケタ増加した。
■1週間で1日あたりのトラフィックが急増したニュースおよび天気予報のトップ10サイト
(米国家庭および職場のインターネット・ユーザー)


               8月22日のユニーク・     8月29日のユニーク・
サイト         ユーザー数(1000人)    ユーザー数(1000人)    増加率
---------------------------------------------------------------------

Advance Internet     516*                    1,395              170%
ABCNEWS Digital      486*                    1,102              127%
MSNBC              3,181                     6,532              105%
WorldNow             558*                    1,086               95%
Fox News           1,106                     2,037               84%
Weather Channel    4,482                     7,736               73%
AOL News           1,833                     3,126               71%
AccuWeather          622*                      961               55%
Internet
 Broadcasting      1,474                     2,140               45%
CNN                4,817                     6,917               44% 
---------------------------------------------------------------------
*少数サンプルによる推計
出典:Nielsen//NetRatings社

◎関連記事
「ハリケーン襲来後の情報提供でブログが活躍,貴重な情報源に」,米調査
スマトラ沖地震の津波被災地救援活動に,IT業界から続々と支援表明
ハリケーン「フランシス」が襲ったフロリダ州,米Cingularと米Sprintの復旧対策
「2004年9月はハリケーン直後にスパムが大幅減少,ただし月総計では増加傾向」,米調査
「政治情報源としてインターネットの重要性が上昇中,18歳以上の米国市民の31%が利用」,米調査
「インターネット・ユーザーの約2割がオンラインで新聞を読む方向に切り換え」,米調査
米国人の47%は「ネットでのニュース視聴が過去1年間で大幅に増加」
日本とは逆?米国で既存メディアによるインターネット企業の買収が相次ぐ