PR

 ルクセンブルクSkype Technologiesと無線インターネット・サービスを手がける中国TOM Onlineは,中国無線市場向けIP電話ソフトウエア「Skype」の共同開発や関連サービス提供を行う合弁会社の設立で合意した。両社がそれぞれ現地時間9月5日に明らかにしたもの。

 TOM Online社は,中国で無線接続サービスを運営し,ショート・メッセージング・サービス(SMS),マルチメディア・メッセージング・サービス(MMS),WAP対応インターネット接続,音声応答サービス,電子メール,ゲーム,各種コンテンツなどを提供する。現在の利用者数は7000万人以上という。

 両社は2004年11月に提携を結び,共同開発したSkypeの簡体字中国語版を共同ブランドで展開してきた。これまでに約340万人のユーザーを獲得し,中国をSkype社の世界3大市場の1つに押し上げた。

 合弁会社の出資比率は,TOM Online社が51%,Skype社が49%。Skypeの簡体字中国語版の開発,改造,配布を行うほか,インターネット・ユーザーおよびサービス・プロバイダ向けのサービスも提供する。

 「Skype社と提携してから1年もたっていないのに,ユーザー数が急増している。これは,中国のインターネット・ユーザーがSkypeという最新通信技術を活用できる状態にあることの現れだ」(TOM Online社CEO兼上級ディレクタのWang Lei Lei氏)

◎関連記事
ルクセンブルクSkype,ドイツで携帯電話機向け定額IP電話サービスを10月に開始
ルクセンブルクSkype設立2周年,「SkypeNet」と「SkypeWeb API」を公開
ルクセンブルグSkypeと米Boingo,Wi-Fiホット・スポットからIP電話をかけられるサービス
ルクセンブルクSkypeと米Fiberlink,企業向けモバイルVoIPで戦略的提携
ルクセンブルクSkypeと香港固定電話のHutchison,香港で共同ブランドIP電話サービス展開へ
1億ダウンロードを突破したSkypeの脅威(1)
ついに来た「SkypeIn」,既存通信事業者を脅かす存在に
「消費者の3/4がVoIPを知っている,Wi-FiやDSLより認知度高い」,米AT&Tの調査

[発表資料へ]