PR

 米Microsoftはオランダで現地時間9月9日に,「当社のIPテレビ(IPTV)プラットフォーム『Microsoft TV Internet Protocol Television(IPTV)Edition』へのサポートが広がっている」として,同プラットフォーム対応の各社新製品について発表した。

 Microsoft社によると,米Linksys-KiSS,米Motorola,米Scientific-Atlanta,台湾のTatung,フランスのThomsonなどが新たなセットトップ・ボックスでMicrosoft TV IPTV Editionをサポートするという。Thomson社のセットトップ・ボックス「IPM11xx」の新製品は,すでにMicrosoft TVユーザー向けに出荷を開始している。「MPEG-2」「Windows Media Video 9」「MPEG-4 AVC」を採用し,米Intelの家電プラットフォーム「Intel 854」を搭載する。

 高品位(HD)ビデオ向けSOC(system-on-chip)開発の米Sigma Designsは,Microsoft TV IPTV Edition対応メディア・プロセサ「SMP8634」のリリースを開始した。

 またMicrosoft社は,「Windows XP Media Center Edition」搭載システムや「Xbox 360」ゲーム機,およびMicrosoft社製モバイル機器向けプラットフォームを搭載した携帯型メディア・プレーヤ(Portable Media Center)に向けた有料TVコンテンツ配信に関して,スイスKudelski Group傘下のNagravisionと提携を結んだことを,同日明らかにした。コスト効率の高い製品およびサービス開発のほか,マーケティングについても協力する。

◎関連記事
米Microsoft,デジタル・メディア戦略に向けた提携などを発表
米Microsoft,IPTVサービスに向けた製品開発で米Motorolaなどと提携
「Media Center PCの販売を新たに20市場拡大」,米Microsoft
米SBC,米MicrosoftのIPTVプラットフォームによるテレビ配信サービス提供へ
米Intelと米Microsoft,「デジタル・ホーム」構想の共同キャンペーン
米Intelと米Revelationsがデジタル・ホームのモデル・ハウスを開設
米Intel,デジタル・ホームに向けた家電のプラットフォーム・ソリューションを発表
仏Alcatelと米Amdocs,IPTVと次世代ブロードバンドIPサービスの促進で提携へ

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]
[発表資料(3)]