PR

 米Microsoftは,アクセス管理およびID認証ソフトウエア・ベンダーのカナダAlacrisを買収することを,米国時間9月19日に発表した。「Alacris社買収により,ユーザーがWindowsのスマート・カード機能をより簡単に利用できるようにする」(Microsoft社)としている。

 現在Windowsでは,「Active Directory」や「Microsoft Certificate Services」を通じて,デスクトップ・パソコン上でスマート・カードなどの認証技術を利用可能にしている。「しかし企業では,スマート・カード・ハードウエアの配備,デジタル認証の実装,認証取消の管理といった複雑な作業が発生する。スマート・カード導入を成功させるには,企業ごとのニーズに合わせてインフラを調整することが重要だ。Alacris社の製品はこうしたニーズに応え,高度なポリシーとワークフローを通じた管理の簡素化を実現する」(Microsoft社)

 Alacris社は,デジタル認証とスマート・カード・ライフサイクル管理の技術を手がけており,顧客のスマート・カード対応インフラ導入,管理,保守を支援する。IT部門は,スマート・カードの設定と新規導入を合理化できる。Web対応のポリシー・ベースのワークフローによって,エンド・ユーザーが一般的なタスクを自動管理することで,「Windowsベースのスマート・カード・インフラに要する全体的な費用の削減にもつながる」(Microsoft社)。

 なおMicrosoft社は,Alacris社技術のベータ版をいずれ公開する予定である。

◎関連記事
米VeriSign,企業向け無線セキュリティで米Microsoftと提携
米IBM,個人情報の盗難を防ぐ認証管理ソフトの新版やサービスを発表
米OracleがID管理スイートを発表,異種混在システムのサポートを拡張
米HPとSTMicroがカード・メーカーと協調,スマート・カードに公開鍵暗号IBE技術を実装
米VeriSign,USBトークンを用いるWindows環境向け認証ソリューションを提供へ
米BMC,WebベースID管理の仏Calendraを約3300万ドルで買収へ
企業はスマート・カードによるアクセス管理で年間200万ドル/2000人のコスト削減が可能

[発表資料へ]