PR

 米SCO Groupは米国時間9月19日,モバイル機器向けデジタル・サービス・プラットフォーム「Me Inc.」を発表した。「サービス・プロバイダやキャリアは,新しいデジタル・サービスを迅速に開発,実装できるようになる」(同社)

 Me Inc.では,モバイル機器がネットワーク・ベースのUNIXあるいはWindows環境において,バックエンド・リソースを有効活用できるようにする。

 第1段として,個別に利用したり,モバイル・アプリケーションやサービスに統合して利用できるサービス・コンポーネントを用意する。音声やテキスト・メッセージを個人あるいはグループに配信できる「Shout」,プロジェクトの計画,業務分担,進行管理などを行う「Action」,世論調査の実施とデータ管理をリアルタイムで行える「Vote」,既存のディレクトリやモバイル・サービスからマルチメディア・プロフィール付きのグループを作成できる「People」などを予定している。

 米メディア(CNET News.com)によると, SCO社は来月より同社Webサイトや再販業者を通じて,これらのモバイル・サービスを販売する予定である。価格は未定。

 同プラットフォームは,米Palmの「Palm Treo」をサポートする。近日中に,カナダResearch in Motionの「BlackBerry」,米Microsoftの「Microsoft Windows」,英Symbianの「Symbian OS」などにも対応する予定。

 SCO社Me Inc.担当上級副社長兼ジェネラル・マネージャのChris Sontag氏は,「Me Incは,当社が多大な労力を投資して開発した革新的なデジタル・サービス・プラットフォームである。モバイル環境のユーザーは,これまでにない方法でやり取りを行い,情報の管理とコントロールを行えるようになる」と説明している。

◎関連記事
「2010年まで『Symbian OS』がスマートフォン市場をリード」,米ABIの調査
「米国ではすでに労働者人口の45%がモバイル機器を利用」,米Gartnerの調査
米MicrosoftのMSN India,インドのモバイル通信事業者2社と提携
米Symbol,企業向けの新モバイル・プラットフォーム「Symbol MSS」などを発表
「2005年Q2のデータ対応モバイル機器市場,世界出荷台数は前年同期の倍以上」,英調査
「モバイル・サービスのユーザー1人当たり売上高に回復の兆し」,英企業の調査
「米国ユーザーの63%はモバイル・データ・サービスに対価を支払う」と米調査
モバイル・サービス市場の規模は2007年に現在の2倍以上,ただし1ユーザー当たりの収入は減少

[発表資料へ]
========================================================