米Apple Computerは同社のインターネット・サービス「.Mac」の機能を強化した。Apple社がフランスのパリで開催中の展示会「Apple Expo」で,現地時間9月20日に明らかにしたもの。

 オンライン・コミュニティを作成し,グループ内でメールのやり取りやデジタル・メディアを共有できる「.Mac Groups」機能を提供する。共通の「iDisk」にファイルや写真をアップロードしたり,「iCal」カレンダを使ってグループのイベントを管理できる。

 また,.Mac会員専用のバックアップ・ソフトウエアの新バージョン「Backup 3」を提供する。「iLife」のコンテンツ,ホーム・フォルダ,「iTunes」で購入した楽曲などを自動的にバックアップできる。

 メールおよびiDiskの保存容量の合計を拡大し,個人会員は1Gバイト,ファミリー会員は合計2Gバイト利用できるようにした。「ユーザーはこれまでの4倍のストレージ容量を,メールとiDiskとで自由に配分できる」(同社)。また,いずれの会員も年間49.95ドルの追加料金でストレージ容量を1Gバイト増加可能という。

 さらに同社は,英語と日本語に加え,.Macをフランス語とドイツ語でも提供する。

 .Macの利用料金は個人向け標準パックが年間99.95ドル,5つのアカウントが利用できるファミリー・パックが年間179.95ドル。新たに「Macintosh」を購入した場合は,30ドルの割引が適用される。

◎関連記事
米Google,保存容量1Gバイトの無料インターネット・メール・サービス「Gmail」を発表
米Googleはなぜメール・サービスを始めるのか?
MSN,ストレージ容量追加サービス「MSN Extra Storage」の提供地域を23地域/12言語に拡大
米AOL,無料メール・サービス「AIM Mail」のベータ版を発表
米AOLが「Outlook」を介したAIMサービスなど,AIM統合に関して数社と提携
印Rediff.com,無料電子メール・サービスの保存容量を1Gバイトに拡大
米Microsoftが「MSN Messenger 7.0」を提供開始,他のMSNサービスとの連携強化
米Yahoo!,年額9.95ドルのドメイン名サービスを開始,電子メール・サービスも強化

[発表資料へ]