PR

 米IDCは,世界パソコン市場に関する調査結果を米国時間9月19日に発表した。同市場の需要は高く,2005年第2四半期も出荷台数を伸ばした。これを受け,同社は,同年後半の世界パソコン出荷台数の予測を1億1000万台近くに引き上げ,増加率を12.9%と上方修正した。5月の発表では,増加率10.4%で出荷台数が1億720万台を予測していた。

 同社は,2005年の総出荷台数が,増加率14.1%で2億460万台に達すると見込む。伸び率は前年の15.3%から低下したが,5月に発表された11.4%の予測よりも高くなった。出荷総額は前年比5.8%増の2116億ドルにのぼる見込み。

 同社の予測によれば,2006年~2008年の出荷台数はおよそ9%の増加率で成長し,2009年に入って8.3%に落ちる。出荷額も低下するとみられるが,予測される範囲ではマイナスになることはないとしている。

 また,2005年後半は,西欧とその他の地域(中欧,東欧,中東,アフリカ,中南米,カナダなど)における消費者部門で主にノート・パソコンの売り上げが貢献し,市場が大きく成長するという。

 地域別の主な予測は以下の通り。

・米国:第2四半期は消費者支出が復活したが,原油価格の高騰などにより,ふたたび下降する傾向が見られる。消費者部門と企業部門の両方で,伸び率が1桁台中盤に落ちると予測される。ハリケーンによりパソコン出荷台数に一時的な影響はあるが,2006年まで1桁台中盤から後半の伸び率を維持する
・欧州:年内は,全体で15%以上の伸び率を維持し,2006年から停滞する
・日本:ノート・パソコンはすでに高い普及率となっているため,他の地域のようにノート・パソコンへの移行による利益は期待できないが,2005年における消費者部門では1桁台後半の伸びが期待される。2001年以降初めて米国を上回る
・アジア太平洋地域:消費者向けパソコンとノート・パソコンの売り上げが急増しているが,成熟した地域と比べるとノート・パソコンのシェアは低い。同地域では,2006年から予測される範囲でおよそ12%の成長が期待される

■2002~2006年,米国および世界市場におけるパソコン出荷台数
(単位:100万台)
------------------------------------------------------------
地域         2002年 2003年 2004年 2005年 2006年
------------------------------------------------------------
米国出荷台数
消費者向けパソコン  17.1  20.0  21.8  23.4  25.4
企業向けパソコン   30.5  32.7  36.5  39.5  42.1
合計         47.6  52.7  58.3  62.8  67.5

世界出荷台数
消費者向けパソコン  49.9  56.7  64.3  76.1  82.8
企業向けパソコン   88.8  99.0  115.1  128.6  140.5
合計         138.8  155.6  179.4  204.6  223.3
------------------------------------------------------------
出典:IDC
注:2005年,2006年は予測データ
■2003~2006年,米国および世界市場におけるパソコン出荷台数の伸び率
(単位:%)
-----------------------------------------------------
地域         2003年 2004年 2005年 2006年
-----------------------------------------------------
米国の伸び率
消費者向けパソコン  17.3%   8.9%   7.3%  8.4%
企業向けパソコン    7.2%  11.7%   8.1%  6.8%
合計         10.8%  10.6%   7.8%  7.4%

世界の伸び率
消費者向けパソコン  13.5%  13.5%  18.3%  8.8%
企業向けパソコン   11.4%  16.3%  11.7%  9.3%
合計         12.1%  15.3%  14.1%  9.1%
-----------------------------------------------------
出典:IDC,2005年8月
注:2005年,2006年は予測データ

◎関連記事
「2005年の世界PC市場,出荷台数は伸びるものの売上高はほぼ横ばい」,米Gartnerの調査
「2005年の世界パソコン出荷台数は前年比9.7%増」,米IDCが予測を下方修正
「2005年パソコン出荷台数の伸びは前年比9%に留まる」,米Gartnerが予測
「2010年の世界PC台数は現在の約2倍に,新興市場の増加が顕著」,米調査
「2004年の世界PC出荷台数は前年同期比12%増,ノートPCが好調」,米Gartner

発表資料へ