PR

 米Intelが,東南アジア各国における無線ブロードバンド(WiMAX)導入を支援する活動「Asian Broadband Campaign」を米国時間9月22日に発表した。各国の政府機関や通信サービス監督機関などに対し,コンサルティングや技術サービスを提供する。

 Intel社は政府および関係機関,教育機関,医療/農業系公共団体のほか,タイのTrueやマレーシアのTelekom Malaysiaといった通信事業者と協力し,WiMAXサービスの試験運用に向けた活動を進める。具体的には,2005年末までにマレーシア,タイ,フィリピンでWiMAX試験サービスを開始する。また2006年にインドネシアとベトナムでも試験運用を計画している。

 「ブロードバンド環境が整えば,東南アジア各国は国連のミレニアム開発目標(United Nations Millennium Development Goals)の達成にブロードバンドが役立つと考えるようになる。ミレニアム開発目標では,2015年を目標に,貧困とききんの根絶,初等教育の拡大,男女平等の推進,子供の死亡率低減,災害対策,環境の持続性確保に取り組んでいる」(Intel社)

◎関連記事
米Intel,WiMaxネットワークの促進で豪Unwired Australiaに3700万豪ドルの投資
米Intel,同社初のWiMAX対応CPE用LSIを提供開始
英Airspan,YOZANのWiMAXサービスに対する機器供給契約の規模を1670万ドルに拡大
無線LANの面展開は難しい,我々はWiMAXでいく
「05年のWi-Fiハード市場は前年比6%成長,WiMAXは今後急成長」,米調査
韓国で始まる“無線ブロードバンド時代”,WiMAXとHSDPAの主導権争いに注目
「2005年の世界WiMAX装置市場,2004年の7倍以上に急成長」,米調査
「WiMAX対応ポータブル・デバイスの実用化は遠くない」,米ABI Research

[発表資料へ]