PR

 米Googleは,同社の企業向け製品の普及促進を図るパートナ支援プログラム「Google Enterprise Professional Program」を開始した。企業向け検索機能導入にともなう統合,インストール,カスタマイズ,トレーニングといった専門サービスのプロバイダを,同社顧客企業に紹介する。

 Google社の顧客企業は,パートナ・リストを閲覧し,特定の分野に精通したシステム・インテグレータ,コンサルタント,独立系ソフトウエア・ベンダーなどを探し出すことが可能。

 同プログラムのパートナに申請する唯一の条件は,「Google社の企業向け製品に対応した付加価値サービスあるいは技術を手がけていること」(Google社)。

 同プログラムのパートナには,大規模組織向け検索アプライアンス「Google Search Appliance」の開発者バージョンを提供する。150ドキュメントのライセンスとソフトウエア開発キット「Google Enterprise SDK」が付属する。Google Search Applianceに関するトレーニング,開発などの最新情報にアクセスできるほか,マーケティングやブランド向上のセッションにも参加可能。

 パートナ登録費用は年間1万ドル。1年ごとにオンサイトのトレーニングと検定を実施し,パートナ認定を更新する。

◎関連記事
米Google,組織向け検索アプライアンス「Google Search Appliance」の新モデル
米Google,中小企業向け検索アプライアンス「Google Mini」を提供開始
米Googleが検索アプライアンス「Google Mini」の容量を倍増,価格は引き下げ
米Googleが企業向けデスクトップ検索アプリを公開,RSS/Atomフィードへの広告挿入サービスも
米Google,“インターネットの父”Vint Cerf氏を迎え入れ
Googleに学ぶ,成功するR&D──Geeksは眠れない
接戦を繰り広げる米Googleと米Yahoo!,勝負の行方はいかに
Web実態調査で,MSとYahoo!がGoogleとの差を詰める

[Google Enterprise Professional ProgramのWebサイト]