PR

 米Nielsen//NetRatingsは,米国家庭ユーザーのインターネット接続に関して8月に調査した結果を米国時間9月28日に発表した。それによると,8月は広帯域ユーザー数が1億2080万人に増加し,米国総人口の42%に達したことが明らかになった。同年1月の1億380万人からは16%増加している。

 同社顧客分析担当副社長のCharles Buchwalter氏は,「広帯域接続を利用するインターネット・ユーザー数は以前から増加傾向にあるが,料金が高いため普及にも制限があると推測されてきた。しかし,前年から通信事業者が消費者の低価格な広帯域接続を求める声に応え始めており,その傾向が続くと予想される」とコメントしている。

表1●米国で広帯域接続を利用する家庭ユーザーとその割合(単位:1000人)
----------------------------------------------------------------
月      広帯域接続ユーザー数  人口に対する割合
----------------------------------------------------------------
2005年1月     103,764        36%*
----------------------------------------------------------------
2005年8月     120,847        42%*
----------------------------------------------------------------
出典:Nielsen//NetRatings社(2005年9月)
注:人口に対する割り合いは,米国勢調査による総人口2億9000万人を基に算出

 また,同社によれば,インターネット・ユーザーで家庭から広帯域接続を利用しているユーザーの割り合いが過去最高の61.3%に達している。前年はこの割り合いが51.4%だった。8月は,高速接続によってインターネットを利用したユーザーの数が8610万人で,前年8月の6410万人から34%増加している。

 これに対し,家庭における狭帯域接続の利用者が減少しており,前年8月の6060万人から10%減の5430万人だった。現在,ネット・ユーザーの中で狭帯域ユーザーの割り合いは38.7%。前年同月は48.6%だった。

 「広帯域ユーザーの増加は,インターネット業界の成熟に必要な段階である。狭帯域ユーザーに比べて広帯域ユーザーは,より多くの時間とお金をオンラインで使用している。これは,消費者,出版社,広告主にとって朗報である」(同氏)

表2●米国家庭における広帯域ユーザーと狭帯域ユーザー(単位:1000人)
------------------------------------------------------------------
接続速度   2004年8月   2005年8月   推移
------------------------------------------------------------------
広帯域     64,110    86,095     34%
------------------------------------------------------------------
狭帯域     60,568    54,303    -10%
------------------------------------------------------------------
出典:Nielsen//NetRatings社(2005年9月)

◎関連記事
「多くの米国小規模企業が,ブロードバンド接続の恩恵を受けていない」,米調査
「2010年までに米国の7100万世帯はブロードバンド接続へ」,米Forresterが技術導入に関する調査
「米国家庭の広帯域接続導入率は53%,普及ペースは減速へ」,米調査
「広帯域接続が米国家庭のVoIP利用をけん引,2006年から導入が加速」,米調査
発表資料(PDF形式)