PR

 米IBMが,新型プロセサ「POWER5+」などに対応する中小企業向けサーバー製品系列「IBM System p5 Express」を米国時間10月4日に発表した。動作周波数1.5GHzのクアッド・コア版POWER5+を8個搭載可能な「IBM System p5 550Q」や,動作周波数1.9GHzのデュアル・コア版POWER5+を4個搭載可能な「同p5 550」など,計4種類の新モデルを用意する。10月14日より利用可能とする。

 新モデルについて,IBM社は「中小企業や支社が小売/卸売/流通/金融サービスで業務用データベースを使う場面を想定し,必要な処理能力を提供できるよう設計した」と説明する。POWER5+プロセサなどを採用したことにより,エントリ・クラスUnix/Linuxサーバー向けベンチマーク・テストで15種類の新記録を出したという。

 対応OSは,AIX 5L V5.2/V5.3,SUSE Linux Enterprise Server 9(SLES 9)for POWER,Red Hat Enterprise Linux AS 3(RHEL AS 3)for POWER。新モデルの概要は以下の通り。

・IBM System p5 550Q:
 既存の4ウエイ・サーバー「IBM eServer p5 550」に比べ最大2倍の負荷を処理可能で,8ウエイSPECjbb2005の最高速度を記録した。価格は1万9048ドル(4ウエイ構成時)から

・IBM System p5 520:
 動作周波数1.9GHzのPOWER5+プロセサを搭載する「業界最速」(IBM社)のJava対応業務用サーバー。価格は1万1699ドルから

・IBM System p5 550:
 4ウエイのJava対応業務サーバーおよびWebアプリケーション・サーバー,SAP SD 2-tierアプリケーション・サーバーとして最も高速という。価格は1万4053ドル(2ウエイ構成時)から

・IBM System p5 505:
 1Uサイズのラック・マウント・サーバー。動作周波数1.5GHzまたは1.65GHzの「POWER5」を選択できる。1ウエイまたは2ウエイ構成が可能。ストレージおよびメモリーの容量は米Sun Microsystemsの「Sun Fire X4100」より2倍多く,ベンチマーク・テストSPECfpの結果も上回った。価格は3684ドルから

 IBM社は,システム管理ソフトウエアの新版「IBM Director 5.10」と,仮想化システム管理ツールの新版「Integrated Virtualization Manager」も提供する。IBM Director 5.10のダウンロード提供は11月25日に,メディア販売は12月13日に開始する。Integrated Virtualization Managerは,オプションの仮想化機能「Advanced POWER Virtualization」に無償で同梱する。

 またIBM社は同日,POWER5+対応の高性能コンピューティング向けサーバー「IBM eServer p5 575」とワークステーション「IntelliStation POWER 285」を発表した。p5 575は16ウエイ構成が可能。処理性能は既存の8ウエイ・モデル「p5-575」に比べ50%以上高い。POWER 285はPOWER5+を搭載した初のワークステーション。浮動小数点演算の処理が「Sun Blade 2500」の2倍以上高速という。

◎関連記事
米IBM,ソニー,東芝が「Cell」プロセサ関連の技術情報を公開
米IBMが「POWER5」搭載16ウエイ・クラスタ・サーバーを発表,87.3ギガFLOPS
Power Architecture関連組織Power.orgに新メンバー11社/組織が加入
米Sun,1.5GHz版UltraSPARC IV+搭載サーバーやOpteronベースのブレード・サーバーを発表
米AMD,デュアル・コア版「Opteron」の新3モデルを発表,米HPと米Sunが採用
米AMDから米Intelへの挑戦状,サーバー向けデュアルコア・プロセサの新聞広告
「2005年Q2の世界サーバー市場は前年同期比5.6%増収,首位は米IBM」,米調査
「2005年Q1の世界サーバー市場は5.3%増収,米IBMと米HPの首位争い」,米調査

[発表資料へ]