PR

 米EarthLinkは米国時間10月4日,フィラデルフィア市の無線LAN計画「Wireless Philadelphia」において,同社がWi-Fiブロードバンド・ネットワークの構築・導入を受注したことを明らかにした。

 EarthLink社会長兼CEOのGarry Betty氏は「Wireless Philadelphiaは米国における大規模な無線ブロードバンド導入の重要な節目を示すもの」と述べる。「高速インターネットに対し,競争力のある別の選択肢を提供し,同市のインターネット・ユーザーが場所を問わずにアクセスできるようになる」(同市)

 Earthlink社は,2006年第4四半期までに,同市全体におよぶ135平方マイルのWi-Fiメッシュ・ネットワークを導入する予定。同ネットワークでは,廉価の高速インターネット・アクセス,ホット・スポット・プロバイダ向けローミング機能,一部の公園や公共スペースにおける無償アクセスなどを提供する。

 今回のプロジェクトに関しては,同市および納税者の資金は使用せず,Earthlink社が資金提供ならびに無線ネットワークの構築・管理を担当し,売上はWireless Philadelphiaと折半する。「両社は契約における主要な取引条件で合意に達しており,今後60日以内に最終合意がなされるよう取り組んでいる」(EarthLink社Municipal Networks部門社長のDonald Berryman氏)

 Wireless Philadelphiaの月額利用料は約20ドル。所定の条件を満たしたフィラデルフィア市民には約10ドル割り引くという。

◎関連記事
フィラデルフィア市,巨大無線LANホットスポット計画の内容を発表
サンフランシスコ市,市内全域へのWi-Fiサービス導入計画に対する意見を公募
「2005年の世界WiMAX装置市場,2004年の7倍以上に急成長」,米調査
業界団体がメッシュ型無線LANの提案仕様をIEEEに提出
EUが無線LANの5GHz帯使用を決定,欧州における高速無線接続を促進
米上院議員が地上自治体のブロードバンド・サービス運営を認める法案
「Wi-Fiサービス事業の利益は以前の予測ほど伸びない」,米調査
「モバイル環境が最も整っている都市はサンフランシスコのベイエリア」,米Intel調査

[発表資料へ]