PR

 ドイツのSAPは現地時間10月12日に,設定自動化ツール「SAP Best Practices」の新たな中堅企業向けパッケージを発表した。小売り販売,公益事業,公共機関など,それぞれのニーズに対応した28バージョンを展開し,14カ国語をサポートする。

 SAP Best Practicesには,完全に文書化された再利用可能なプロトタイプが含まれる。「あらかじめ必要な設定をすべて行っているため,最小限のインストール作業で,特定の重要なプロセスをすぐに実行できる」(同社)

 例えば,自動車業界向けには「返却部品の保証処理」,技術業界向けには「プロトタイプ開発」といった特定の業務プロセス機能を提供する。業界全般向けバージョンのCRM機能やSCM機能と組み合わせた利用が可能。

 新たな導入ツールを備えており,スプレッドシート入力で設定データを簡単にパーソナル化できるという。

◎関連記事
独SAP,中小企業向け業務用ソフト「SAP Business One」の新版を提供開始
米SAP Americaと米HP,月額325ドルの中企業向け総合IT管理ソリューションを発表
「ERPベンダー統合が進み,独SAPと米Oracleは圧倒的な存在に」,米調査
米Siebelの中小企業向けCRMソフトの新版,「Office」との連携を強化
「中堅企業のIT支出,戦略との関わりが重要」,米Gartner調査
本当に中堅・中小企業のニーズを考えていますか?
「企業の40%がホスト型CRMを導入」,米AMR Research
米Oracle,PeopleSoft製品の新版を発表

[発表資料へ]