PR

 米Red Hatは,企業向けLinuxサーバーに関するセキュリティ認証資格「Red Hat Certified Security Specialist(RHCSS)」を米国時間10月13日に発表した。

 Red Hatは過去1年でセキュリティ製品の幅を拡大しており,「Red Hat Enteprise Linux 4」,「Red Hat Directory Server」,「Red Hat Certificate System」でSELinuxを提供している。同社によれば,今回のRHCSSプログラムは,これら製品のサポートする実践トレーニングのカリキュラムを提供する。

 RHCSSの認定試験は,他のRed Hat社の認定試験と同じようにライブのシステムで実施される。RHCSSでは,ネットワーク・サービスのセキュリティ導入,ディレクトリ・サービス/認証/シングル・サインオンのセットアップ,VPNの設定,SELinuxセキュリティ・ポリシー管理といった企業のセキュリティ管理スキルが試される。

 米メディアの報道(internetnews.com)によると,RHCSSの認定試験を受ける前に「Red Hat認定エンジニア(RHCE)」の資格の取得が必要となっている。

◎関連記事
米Red Hatと米HP,ストレージ・ソリューション試験施設を共同設立
米Red Hatの2005年6~8月期決算,売上高/純利益とも前年同期比42%増
「次期版Red Hat Enterprise Linux 5の目玉は仮想化」---米Red Hat副社長
米IBMと米Red Hat,Linux導入を推進する世界規模の取り組みを開始
米Red Hat,Red Hat Enterprise Linuxで達成したセキュリティのマイルストーンを発表

発表資料へ