PR

 米Motorolaは,カナダNortel Networksの次期社長兼CEOに任命されたMike Zafirovski氏を,イリノイ州クック群の巡回裁判所に提訴した。Nortel社が米国時間10月19日に明らかにしたもの。

 Motorola社が訴訟を申請したのは10月18日。Zafirovski氏は,今年初めにMotorola社の社長兼COOを退任している。Motorola社は,同氏がNortel社の同職務就任要請を受け入れたことは,Motorola社との各種契約に違反すると主張。Motorola社の企業秘密の使用・漏洩は必至だと懸念している。

 Motorola社は裁判所に対し,同氏が2年間Nortel社の事業に従事しないこと,Motorola社従業員を勧誘および雇用しないこと,Motorola社の企業秘密を使用あるいは公開しないことを命じるよう求めているという。

Nortel社は2004年4月に,過去の不正会計スキャンダルから脱するために幹部役員を刷新。CEOにBill Owens氏,CFOにWilliam Kerr氏,監査役にMaryAnne Pahapill氏が就任した(関連記事1)。しかし,2005年6月に,就任後間もない社長兼COOのGary Daichendt氏とCTOのGary Kunis氏が辞任し,Owens氏との確執が原因と噂された(関連記事2)。

 Zafirovski氏は,2005年11月15日に,Owens氏からNortel社社長兼CEO職を引き継ぐ予定である。

◎関連記事
加NortelがCEOなど新役員3名を発表,過去の決算再調査の影響で2004年Q1決算発表に遅れ
加Nortelの社長兼COOとCTOが辞任,CEOとの確執が原因
カナダのNortelが2003会計年度の決算修正を完了,12人の上級幹部が賞与860万ドルを返還
「2010年の世界通信市場は対2004年比2倍の2820億ドル規模」,アイルランド調査
米Googleが中国にR&Dセンターを新設,元米Microsoft幹部をトップに採用
元米Microsoft幹部の米Google移籍に米上位裁判所が仮差し止め命令
米上位裁判所が元米Microsoft幹部の米Google移籍を認める,ただし職務は制限

[発表資料へ]