PR

 米VeriSignは,ドメイン名やIPアドレスの管理を行っている非営利組織Internet Corporation for Assigned Names and Numbers(ICANN)との間で争われていた訴訟において,両社が和解に合意したことを米国時間10月24日に発表した。また,トップ・レベル・ドメイン(TLD)「.com」のレジストリ契約を2012年まで延長する。

 和解合意により,VeriSign社などのレジストリは事業の確実性を保持し,ICANNは技術調整役としての明確で有効な立場を確保する。VeriSign社は,この均衡を保つための重要なフレームワークとして,「新サービス導入にあたってのプロセスおよびガイドライン確立,TLD登録業者の事業の保証,登録価格に対応した市場アプローチの採用」を挙げた。

 VeriSign社とICANNの対立は,VeriSign社が2003年に実施した「Site Finder」に端を発する。同サービスは,ユーザーが実在しないURLを入力した場合,自動的にVeriSign社検索ページに誘導(リダイレクト)するというものだったが,スパム遮断機能などに影響を与えるとしてネットワーク運営者の反発を浴び,ICANNの停止要請を受けて打ち切られた。VeriSign社は翌年に,「ICANNがドメイン名の取り締まり機関になることを不当に試みた」として訴訟を起こしている(関連記事)。

◎関連記事
猛反発を食らった米VeriSignの「Site Finder」
米VeriSign,「Site Finder」に関するIABの指摘に反論
米VeriSign,議論のナビゲーション・サービス「Site Finder」を停止
米VeriSignがICANNを提訴「ドメイン名の取り締まり機関になることを不当に試みた」
「ICANNは独禁法違反」とする米VeriSignの主張を裁判所が却下
「.net」の次期レジストリ,米VeriSignの続投が決定
ドメイン名の総元締めICANN,「巨大な権限」と「閉鎖性」に非難の声
「2005年Q1の世界ドメイン登録,前年同期比22%増の7690万件」,米VeriSign

[発表資料へ]