PR

 米IBMが,オープンソースのJ2EEアプリケーション・サーバー「Apache Geronimo」をベースとするソフトウエア「WebSphere Application Server Community Edition(WAS CE)」と,同ソフトウエア向けのサポート・サービスを米国時間10月25日に発表した。WAS CEは無償で利用可能とし,年内に提供を開始する。

 Apache Geronimoは,オープンソース団体Apache Software Foundation(ASF)が開発するEJB対応アプリケーション・サーバー。WAS CEはApache Geronimoをもとに構築しており,中規模企業や大企業の部門向けという位置付け。カスタム化が可能で,運用に必要なリソースが少ないため,管理が容易という。ASFのWebサーバー「Apache Tomcat」に対応しているほか,IBM社のデータベース「Cloudscape」との連携も可能である。

 「アプリケーション構築によく使われるサービスがあらかじめ組み込んであるので,アプリケーション開発作業を簡素化できる」(IBM社)

 WAS CEには,IBM社が2005年5月に買収した米Gluecode Softwareのソフトウエアを同梱する。なおIBM社は,ASFのApache Geronimo開発プロジェクトに対し,管理ツール「Gluecode Management Console」を寄贈している。

 IBM社は,WAS CE向け技術サポート・サービスの提供も行う。料金は1サーバー当たり年額900ドルから。開発者向けの支援サービスもメニューとして用意する。

 米メディアの報道(InfoWorld)によると,WAS CEのリリースは11月中旬の予定という。

◎関連記事
米IBMがオープンソースのJ2EEサーバーApache Geronimoをサポート,管理ツールをコミュニティに寄贈
米IBM,オープンソース・ソフトおよびサポート・プロバイダの米Gluecodeを買収
「J2EEのイノベーションはオープンソースから」,JavaOneで見えた変化
SPEC,Javaアプリ・サーバー用のベンチマーク・テスト「SPECjbb2005」をリリース
オープンソースのアプリケーション・サーバー「JOnAS」がJ2EE 1.4認定獲得
「当社のJavaアプリ・サーバーはプロプライエタリ製品より支持されている」,米JBossが調査結果を引用
「J2EEアプリ・サーバー市場は今後も活況,課題は複雑さ」,米社調査
【Jakarta/Apacheウォッチ】 第1回 Apache FoundationがついにEJB対応APサーバーを開発へ

[発表資料へ]