PR
[画像のクリックで拡大表示]

 カナダのResearch in Motion(RIM)は,米Intelの無線機器向け「XScale」アーキテクチャを採用した携帯端末「BlackBerry 8700c」をリリースする。RIM社と米Cingular Wirelessが現地時間11月1日に発表したもの。11月21日にCingular社が米国で独占販売を開始する。「プラットフォームを改良し,パフォーマンスとユーザビリティを最適化した」(両社)

 BlackBerry 8700cは,Intel社の「PXA901」(開発コード名「Hermon」)を搭載し,64Mバイトのフラッシュ・メモリー,16MバイトのSDRAMを備える。Webサイトのブラウジング,アプリケーションの実行,電子メールの添付ファイルや画像の表示において性能強化を図った。

 同機種は,BlackBerry製品で初めて高速EDGEネットワークをサポートし,GPRS/GSMにも対応する。ブラウザは,HTML対応の「BlackBerry Browser」とCingular社無線インターネット接続サービス「MEdia NET」対応ブラウザのいずれかを選べる。QVGA(240×320ピクセル)表示が可能なLCDディスプレイを備える。

 BlackBerry 8700cの価格(リベート後)は,2年契約を結んだ場合,299ドル99セント。データ・サービスは,4Mバイトまでが月額34ドル99セント,米国内の無制限利用は月額44ドル99セント,米国内および国外の無制限利用が月額64ドル99セント。

◎関連記事
米Cingularと加RIM,GSM/GPRS対応のBlackBerry新機種を発表
米Nextelと加RIM,Bluetooth技術対応のBlackBerry新機種を発表
米Palm,スマートフォンでのプッシュ型電子メール・サービス提供で加RIMと提携
加RIM,企業IMのモバイル端末利用で米Novell/米IBM/米MSと提携
加RIM,モバイルIMに関して米Yahoo!および米AOLとそれぞれ提携
米Nextelと加RIM,Bluetooth技術対応のBlackBerry新機種を発表
米Nextelと加RIM,モバイル向け位置情報サービスの開発促進で提携
カナダRIM,「BlackBerry」向けJava開発ツールと「Exchange」「Domino」対応サーバー・ソフトをリリース

[発表資料へ]