PR

 米Time Warner傘下のAmerica Online(AOL)は,米Circuit City Storesの子会社でオンライン音楽配信サービスを手がける米MusicNowを買収した。AOL社が米国時間11月3日に明らかにしたもの。9月27日に合意書に署名し,今週初めに最終合意に達したという。

 AOL社はMusicNow社のサービスを「AOL Music Now」として開設。同社がこれまで提供している音楽サービス「MusicNet@AOL」の加入者を,AOL Music Nowに段階的に移行する予定。

 MusicNow社は1999年に「FullAudio」として発足,2004年にCircuit City社が買収した。今後はAOL社のデジタル・サービス事業部門AOL Premium Servicesの100%子会社として運営を続ける。EMI社,Sony/BMG社,Universal Music Group社,Warner Music Group社などの100万曲以上と,インディーズ各社の楽曲をライブラリに持つ。

 AOL Music Nowは,月額利用料9.95ドルでパソコンに無制限で音楽をストリーミングおよびダウンロード可能。月額利用料14.95ドルのプランでは,パソコンに加え,「PlayForSure」対応携帯型デバイスにも無制限で転送できる。また,1曲あたり0.99ドルのア・ラ・カルト購入も可能。

◎関連記事
「2005年前半のデジタル音楽販売,前年同期間から3.5倍増」,IFPI調査
「2005年前半の合法音楽配信サービス,販売曲数がすでに2004年通期を上回る」,IFPIの調査
【インタビュー】音楽配信への楽曲提供は自然な流れ、2008年には市場の3割が音楽配信
「米国のオンライン音楽配信,有料サービスの利用が着実に増加」,米調査
「オンライン音楽配信,『iTunes』の人気がほとんどの無料PtoPサイトを上回る」,米NPDの調査
「2010年の欧州/北米音楽ダウンロード市場は45億ドル規模,定額制サービスが有望」,米調査
「欧州のデジタル音楽ユーザーは,米国ユーザーの数倍も代価を支払っている」,ソフト業界団体の調査
欧州委員会,全EU加盟国で単一音楽配信ライセンス規定の適用を勧告

[発表資料へ]