PR

 米Microsoftとスイスのmedia-streams.comは,Microsoft社によるmedia-streams.com社の買収について合意に達した。Microsoft社が米国時間11月2日に明らかにしたもの。ただし,買収金額など詳しい取引条件は公表していない。

 media-streams.com社は,スイスのチューリッヒに拠点を置くソフトウエア開発会社。VoIP技術ベースのコミュニケーション・アプリケーションを開発している。Microsoft社はmedia-streams.com社の技術,人員,知的財産を取得し,企業向けインスタント・メッセージング(IM)サーバー「Microsoft Office Live Communications Server(LCS)」などでVoIP機能の組み込み/強化を図る。

 「この買収により,生産性と業務プロセスを改善できるよう,VoIPコミュニケーション製品を拡充する。その結果,当社のリアルタイム・コラボレーション製品の顧客やパートナに新たな機会を作り出す」(Microsoft社)

 米メディアの報道(internetnews.com)によると,media-streams.com社の設立は5年前。買収後はMicrosoft社リアルタイム・コラボレーション・グループ管理下の子会社となる。23人の全従業員はこのまま勤務するという。

 なおMicrosoft社は8月に,VoIP技術会社の米Teleoを買収してMSNサービスの拡充を図る計画を発表している。

◎関連記事
米MicrosoftがVoIP技術の米Teleoを買収,MSNサービスの拡充を図る
【デスク松原敦が慮る!】“インフラ”になりつつあるSkypeを感じたこの一週間
日本国内の戦略を関係者に直撃,無償IP電話ソフト「Skype」はどこへ行く(1)
「2007年までに無線VoIPを導入する企業数は3倍に」,米Infoneticsの調査
米eBayがルクセンブルグSkypeを買収へ,取引総額は最大約41億ドル
躍進するSkypeに立ちはだかる難題---既存事業者,ライバル,規制,そして買収
「2009年の北米VoIPサービス市場は199億ドル規模,現在の約15倍に」,米調査
「消費者の71%がVoIPへの移行検討に前向き」,米調査

[発表資料へ]