PR

 米SNOCAPと米Warner Music Group(WMG)は米国時間11月14日に,デジタル音楽配信に関する提携を発表した。SNOCAP社のシステムを用いたオンライン音楽販売サービスで,WMG社の音楽カタログを利用可能とする。「当社はこれで4大レコード会社すべてと契約を結ぶことになる」(SNOCAP社)

 SNOCAP社は米Napster創設者のShawn Fanning氏が2002年に設立した企業。オンラン音楽配信と音楽データの著作権管理を行うためのエンド・ツー・エンド・ソリューションを手がけている。SNOCAP社の技術を利用することで,「著作権侵害を防ぎ,円滑に合法的なピア・ツー・ピア(PtoP)サービスを立ち上げられる」(SNOCAP社)。

米メディアの報道(CNET News.com)によると,SNOCAP社はすでにソニーとドイツBertelsmannの合弁会社Sony BMG Music Entertainment,フランスVivendi Universal傘下のUniversal Music Group,英EMI Groupと同様の提携を結んでいる。

 SNOCAP社CEOのRusty Rueff氏は,「WMG社は,当社がPtoPサービスや消費者と同様に,著作権所有者にも提供する価値を理解している。当社はレコード業界全体と協力し,オンライン音楽市場の拡大促進に努める」と述べた。

 「合法的な環境でPtoPの恩恵を消費者に提供するSNOCAP社の革新的なアプローチを,当社は支持する。PtoP技術のパワーを信用し,当社のアーティストが音楽ファンに接する機会を増やせるデジタル・プラットフォームに参入することに満足している」(WMG社Digital Strategy and Business Development部門執行バイス・プレジデントのAlex Zubillaga氏)

◎関連記事
Napster生みの親が設立した米SNOCAP,Sony BMG社の音楽配信サービスに著作権管理技術などを提供
「2005年前半のデジタル音楽販売,前年同期間から3.5倍増」,IFPI調査
「2005年前半の合法音楽配信サービス,販売曲数がすでに2004年通期を上回る」,IFPIの調査
【インタビュー】音楽配信への楽曲提供は自然な流れ、2008年には市場の3割が音楽配信
「米国のオンライン音楽配信,有料サービスの利用が着実に増加」,米調査
「オンライン音楽配信,『iTunes』の人気がほとんどの無料PtoPサイトを上回る」,米NPDの調査
「欧州地域におけるオンライン音楽のライセンシングで前進」,欧州連合
米AOLが米MusicNowを買収,新たな有料音楽サービス「AOL Music Now」を開設

[発表資料へ]