PR

 最新版となるMySQL 5.0は,企業での利用を想定した信頼性を備えており,「ビジネス・クリティカルなアプリケーション向けデータベースとしては最もコスト効率が高い」(同社)。また,データの統合と移行を支援するために,データベース開発者やプロプライエテリのリレーショナル・データベース管理者に配慮した,新機能を提供しているという。

 MySQL社マーケティング担当者副社長のZack Urlocker氏は,「1日のダウンロード件数が10万件を突破するなど,かつてない反響に驚いている」と述べる。「また,オープンソースやMySQLは初めてというユーザーが強い関心を示しているのは,喜ばしい限りだ」(同氏)

◎関連記事
2年半ぶりの新版MySQL 5.0,新機能や移行ツールでOracleやMS SQL Serverの領域に踏み込む
ストアド・プロシジャなどを備えたオープンソースDB「MySQL 5.0」正式公開
■■スウェーデンMySQLがオープンソースDB「MySQL 5.0.3」ベータ版を公開,最終版は第2四半期末にスウェーデンMySQL,オープンソースDBの新ライセンス体系「MySQL Network」を発表
「MySQLの利用が過去6カ月で30%以上増加」,米Evans Dataがデータベース開発の調査結果を発表
米OracleがオープンソースDBエンジン「InnoDB」を買収,MySQLは「歓迎」
無償版SQL Serverはオープン・ソースDBに対抗できるか?
「オープンソースのデータベース利用,過去6カ月間で20%以上拡大」,米調査

[発表資料へ]