PR

 米MicrosoftとカナダのOpen Textは,エンタープライズ・コンテンツ・マネージメント(ECM)に関して戦略的提携関係に入ったことを米国時間11月14日に発表した。提携を通じ,Open Text社のECM製品がMicrosoft社のプラットフォーム向けに最適化される。

 また,Open Text社は,同社の「Livelink ECM」とMicrosoft社の「Office SharePoint Portal Server 2003」に関連する2つの新しい製品を発表するとともに,Microsoft社の「Gold Certified Partner」である同社がMicrosoft社のECMパートナになることも同日明らかにした。

 Open Text社が発表した新製品のひとつは,Office SharePoint Portal Server 2003向け記録管理ソリューション。同製品の記録管理とアーカイビング機能は,SharePoint Portal Server 2003に格納するコンテンツに対してセキュリティを強化しながら,法令に準拠するライフサイクル管理システムの構築を支援するもの。同製品は,同年8月に発表されたSharePoint Portal Server 2003向けのコンテンツ・アーカイビング機能をベースに構築されたという。

 もう1つの新製品「Web Parts」は,Livelink ECMのコンテンツと機能をSharePoint Portal Server 2003内で利用可能にするもの。両製品の連携を強化したことにより,SharePoint Portal Server 2003ユーザーは,特定のLivelink ECMの機能を利用できるとともに,Livelink ECMのどこに格納されたコンテンツにもアクセスできるようになる。

 前週,Open Text社はMicrosoft社の「SQL Server 2005」データベース向けにデジタル資産管理の「Artesia Digital Asset Management」を提供する計画を発表している。ビデオ/オーディオ/グラフィック・ファイルといったデジタル資産をより効率的に管理,保存する手段を必要とするメディア/エンタテイメント企業をターゲットとした商品になるという。

◎関連記事
加Open Text,コンテンツ管理ソフトにIM機能を追加する「Livelink Instant Messenger」を発表
英Alfresco,オープンソースのコンテンツ管理ソフト「Alfresco ECM」を提供開始
米Microsoft,ワークフロー対応アプリ構築基盤「Windows Workflow Foundation」を発表
米IBM,企業向け情報管理ソフトとGoogle Desktopを連携させるプラグインを提供

発表資料へ