PR

 ノルウェーのOpera Softwareは現地時間11月15日に,Ajaxを使った携帯電話機向けWebアプリケーションを作成できるソフトウエア開発キット(SDK)「Opera Platform SDK」のベータ版を公開した。ベータ版は同社のWebサイトからダウンロードできる。

 AjaxはAsynchronous JavaScript+XMLの略称。規格の名称ではなく,JavaScript,CSS,XMLといった既存の技術を組み合わせてWebアプリケーションを構築する手法。WebサーバーとWebブラウザ間の通信を非同期化し,Webページの更新をリロードすることなく行える。画面表示の変更が容易になるので,一般的なデスクトップ・アプリケーション並みのスムーズなユーザー・インタフェースが実現できる。

 同社では,「Opera Platform SDKを使うと,HTMLやCSS,JavaScriptといったよく知られているWeb技術をベースにし,プラットフォームに依存しないアプリケーションを開発できる」と説明する。既存のコンテンツやWebアプリケーションを携帯電話機上で動く状態にするのも容易だという。

◎関連記事
「2005年10月のWebブラウザ利用状況,『Firefox』が勢いを回復」,米調査
Microsoftのライブ・ソフトウエア戦略はWeb 2.0になれるか?
米Microsoft,Ajaxを活用したオンライン・サービス「Windows Live」「Office Live」を開始
デスクトップの機能をネットワークが吸い取る---MicrosoftがGoogleを恐れる理由
Ajax,Flash,Java---オープンソースで実現するリッチクライアント 第1回
Googleマップの開発者が語る注目のWebアプリ開発手法「Ajax」
Webの使い勝手を向上させる決め手「Ajax」とは?
Webアプリのパラダイム・シフトか,米Googleなどが切り開いた新手法「Ajax」

[発表資料へ]