PR

 米MicrosoftとCATV事業者の非営利コンソーシアム米Cable Television Laboratories(CableLabs)は,Microsoft Windows Media Center Edition対応パソコンでデジタル・ケーブル・テレビ(CATV)の番組を視聴可能とすることで合意した。Microsoft社とCableLabsが米国時間11月16日に明らかにしたもの。Microsoft社と複数のパソコン・メーカーが協力し,デジタルCATV対応パソコンを2006年の年末商戦シーズンに提供する。

 この合意により,Windows Media Center Edition対応パソコンでデジタルCATV用のデコーダ・カード「CableCARD」の利用が可能となる。高精細(HDTV)番組も含め片方向放送が,セットトップ・ボックスを介さずパソコンやMicrosoft社の次期家庭用ゲーム機「Xbox 360」で視聴できる。双方向放送には対応しない。

 またMicrosoft社とCableLabsは,デジタル著作権管理技術「Windows Media Digital Rights Management(DRM)」をCATV向け規格OpenCableのコンテンツ保護技術として使えるようにするため,最終的な文書の作成を進めている。

 なお,CableCARDの利用可能なパソコンの開発には,米Dell,米Gateway,東芝が協力すると米メディア(InfoWorld)が報じている。番組の視聴だけでなく録画も可能だが,片方向放送のみに対応するので,オンデマンド・コンテンツは見ることができないという。

◎関連記事
米Microsoftが「Windows XP Media Center Edition」をアップデート,「Xbox 360」と連携
「業界各社から当社IPTVプラットフォーム対応の新製品」,米Microsoft
「Media Center PCの販売を新たに20市場拡大」,米Microsoft
米Sprint Nextelと米Comcast/米Time Warner Cableなど,“クワッドルプル”サービスを提供する合弁会社設立
米Intel,デジタル放送関連の技術資産を英Zarlinkから買収
米Intel,家庭向けエンタテインメントPC用の基盤技術「Intel Viiv」を発表
米Gateway,「Pentium D」と「Windows XP Media Center」を搭載したメディアPCを発表
「米国家庭の家電購入額は年間平均1250ドル以上,デジタルへの移行が追い風」,業界団体の調査

[発表資料へ]