PR

 米Microsoftは,次期オフィス・スイート「Microsoft Office 12(開発コード名)」のベータ1版を,技術評価用として一部顧客およびパートナに提供開始した。Microsoft社が米国時間11月16日に明らかにしたもの。ベータ1テストの参加者は1万人以上いるという。

 Office 12について,同社は「新たな“結果指向”ユーザー・インタフェース,強力なグラフィックス/作画エンジン,高度なタスク/情報管理ツールなどにより,ユーザーの生産性を高めるよう設計した」と説明する。さらにビジネス・インテリジェンス(BI),コラボレーション,コンテンツ管理に関する機能の強化も図ったという。

 「Officeの次バージョンはこの10年以上の期間で最も重要なリリースであり,ユーザーの業務結果を向上させる新技術を導入している」(Microsoft社Information Worker製品管理グループ担当副社長のChris Capossela氏)

 一般向けのベータ版は2006年春に,最終版は同年後半に利用可能とする予定。

◎関連記事
米MSのバルマーCEO,「パートナにとってはVistaよりOffice 12が重要」と力説
MSが本腰入れる「購読制ライセンス」——Officeは年額1万3000円
Microsoftのライブ・ソフトウエア戦略はWeb 2.0になれるか?
MS Office書類をOpenDocumentに自動変換,米Sunが「Web 2.0への移行を支援する」サービス
Office 12は買いか見送りか
米Microsoft,「Office 12」でPDFをネイティブ・サポート
デスクトップの機能をネットワークが吸い取る---MicrosoftがGoogleを恐れる理由
米マサチューセッツ州,MS Officeからオープン標準規格ベースへの移行計画を最終決定

[発表資料へ]