PR
[画像のクリックで拡大表示]

 チュニジアで開催中の国連の世界情報社会サミットで,マサチューセッツ工科大学(MIT)Media Lab理事長のNicholas Negroponte氏が100ドル・ノート・パソコンの最初のプロトタイプについて説明を行った。MITが米国時間11月16日に明らかにしたもの。

 100ドル・ノート・パソコンの開発は,Negroponte氏が1月の世界経済会議で初めて発表したプロジェクト。基本的な機能をすべて装備したノート・パソコンを,小学校および中学校向けに超低コストで設計する。MITのMedia Labと非営利団体One Laptop per Child(OLPC)が共同でプロジェクトを進め,「世界中の小中学校の生徒と教師に,ネットワーク機能を備えたノート・パソコンを1人1台ずつ供給することを目指す」(MIT Media Lab)。Negroponte氏によれば,特に発展途上国を対象にする。

 プロトタイプ発表の場には国連のKofi Annan事務総長も加わり,「すばらしい技術的偉業だ。より大型で高価格のコンピュータができるほとんどのことをこなせる。経済および社会発展における大きな進歩を約束するものだ」と述べた。

 100ドル・ノート・パソコンの現時点でのシステム構成は,動作周波数500MHzのプロセサ,1Gバイトのメモリー,USBポート,フルカラーのディスプレイなど。WiFi接続をサポートし,OSにはLinuxを採用する。動力はゼンマイ式などの「画期的な」(MIT Media Lab)方法を検討している。MIT Media Labでは,2006年終わりごろから2007年初頭に出荷体制を整えたい考え。500万~1000万台の発注と支払いを受けたら製造にとりかかる予定であるという。

◎関連記事
情報通信技術を最も活用している国はシンガポール,米国は5位,日本は8位
デジタル・デバイド解消の鍵,「ブロードバンドはつかみ取るもの」
米Microsoftが学術研究支援基金設立などを発表,「世界的デジタル享受社会を目指す」
米MicrosoftとUNESCOが提携,途上国のデジタル・デバイド解消に向けて協力
米Sun,無償のソフトやトレーニングなど,教育機関を支援する取り組み「STAR」を発表
米Sun,教育/研究機関にシン・クライアント「Sun Ray」を割り引き販売
米HP,高等教育機関のUNIX環境向けにディスカウント・プログラムを発表
米Intel,地域密着型の設計センターをバンガロール,カイロ,サンパウロ,上海に開設

[発表資料へ]