PR

 米Walt Disneyは米国時間11月17日に,2005会計年度第4四半期(2005年8~10月)と通期(2004年11月~2005年10月)の決算を発表した。第4四半期の売上高は77億3400万ドルで,前年同期比3%増加した。純利益は3億7900万ドルで,前年同期と比べ27%の減益となった。

 一部ライセンス料の変更に伴う累積的影響を除いた場合,希薄化後の1株当たり利益は20セント。同影響を含めた場合の希薄化後の1株当たり利益は19セント。

 通期の売上高は,319億4400万ドルで,前年度から4%成長した。純利益は25億3300万ドルで,同8%増加した。一部ライセンス料の変更に伴う累積的影響を除いた場合,希薄化後の1株当たり利益は1ドル24セント。同影響を含めると希薄化後の1株当たり利益は1ドル22セントとなる。

 Media Networks事業の売上高は,第4四半期が34億ドル(前年同期比16%増),通期が132億ドル(前年度比12%増)だった。第4四半期の内訳は,Cable Networks部門が19億ドル,Broadcasting部門が15億ドル。通期の内訳は,Cable Networks部門が73億ドル,Broadcasting部門が59億ドル。

 その他の事業をみると,Parks and Resorts事業の売上高は第4四半期が24億ドル(前年同期比 9%増),通期が90億ドル(前年度比 16%増)。Studio Entertainment事業の売上高は第4四半期が15億ドル(同20%減),通期が76億ドル(同13%減)。Consumer Products事業の売上高は,第4四半期が5億ドル(同16%減),通期が21億ドル(同15%減)となっている。

◎関連記事
米Walt Disney,社長兼COOのRobert Iger氏を次期CEOに任命
米Verizonと米DisneyがIPTVサービスで提携,著作権保護についても協力
米Disney,次世代光ディスク規格「Blu-ray Disc」への支持を表明
米20世紀フォックス,Blu-ray Disc対応コンテンツのリリース計画を発表
「米大手映画会社4社が次世代DVD規格『HD DVD』を支持」,東芝が発表
Blu-ray Disc推進団体,「コスト効率の高いメディア量産環境が整いつつある」
DVD市場は2009年まで年平均18.2%で成長,北米でHD DVD/欧亜でBlu-rayが普及
米映画業界が,PtoPで不正な映画ファイル交換向けサーバー運用した個人を提訴

[発表資料へ]