PR

 米Googleは米国時間11月16日,Webサイト作成者がサイト情報をGoogleに送れる「Google Sitemaps」(ベータ版)の機能強化について明らかにした。そのサイトを検索するために使用された上位5つの検索条件や,サイトへのアクセスに結びついた上位5つの検索条件などを表示できるようにする。

 同社は今年6月にGoogle Sitemapsの提供を開始している。Google社エンジニアリング担当Vanessa Fox氏によると,当初はまずSitemapを作成する必要があったが,これからはGoogleアカウントでGoogle Sitemapsにログインした後,サイトを直接登録することが可能となる。

 その他にも,Googleでクロールが正常に行われたかどうかを示す情報,Googleの検索結果演算アルゴリズム「PageRank」に関する情報に加え,ページ分析や,インデックス,モバイル向けサイト,エラーに関する統計/分析情報が表示される。

◎関連記事
米Google,Web解析サービス「Google Analytics」の無償提供を開始
米Google,過去の検索行動を学習する「Personalized Search」を正式リリース
米Google,デスクトップ検索アプリ「Google Desktop 2」の最終版をリリース
米Google,Web解析ソフト・ベンダーの米Urchinを買収
米Google,ユーザー自らコンテンツを登録できるDBサービス「Google Base」を試験運用
「小企業のサイト開設が急増,Webホスティング支出は年平均9.5%で増加」,米調査
「Googleユーザーの6割近くがYahoo!やMSNの検索エンジンを併用」,米調査
「検索エンジンの人気トップは依然Google,ただしYahoo!とMSNも善戦」,米調査

[発表資料(ブログ投稿記事その1)]
[発表資料(ブログ投稿記事その2)]