PR

 米Googleは,同社の書籍検索サイト「Google Print」の名称を「Google Book Search」に改名した。同社プロダクト・マーケティング・マネージャのJen Grant氏が米国時間11月17日にブログで明らかにしたもの。

 Grant氏は名称変更の要因の1つとして,Google Printが印刷を連想させることを述べている。同社では,「Google Printが書類あるいはWebページの印刷に役立つと期待させている」とのコメントを受け取ったという。

 また同氏は,名称を変更する重要な理由として「同サービスの進歩」を挙げている。「Google Print開始時の目標は,ユーザーが書籍を検索しやすくすることだった。この目標を達成しつつある現在,より説明的な名前の方が,同サービスで何ができるかをより多くのユーザーに理解してもらえる」(同氏)

 今回の名称変更にともない,WebサイトのURLも「http://print.google.com」から「http://books.google.com」に変更している。

◎関連記事
米Google,著作権を問われない書籍を「Google Print」で全文検索・閲覧可能に
米Google,書籍本文検索プロジェクト「Google Print Library Project」を再開へ
米Google,米英学術機関と蔵書のデジタル化で協力
米出版業界団体,米Googleの書籍本文検索プロジェクトの著作権侵害を巡り提訴
大学関連の出版活動団体,米Googleの書籍本文検索サービスに公開質問状
米Microsoft,書籍の検索サービス「MSN Book Search」を2006年より提供
米Yahoo!や米Adobeなど,欧米機関と書籍のデジタル化に関するコンソーシアムを結成
米Amazonの全文検索は“デジタル万引き”と同じ?  賛否両論が渦巻く

[発表資料へ(ブログの投稿記事)]