PR
[画像のクリックで拡大表示]

 米Upstartleは米国時間11月21日に,Webベースのワープロ「Writely」をオープンなファイル形式OpenDocument Format(ODF)に対応させた。Upstartle社が同日明らかにしたもの。

 これにより,米Microsoftのワープロ「Word」やオープンソースのオフィス・スイート「OpenOffice.org」で作った文書をWritelyにアップロードしたり,逆にWritelyから文書をダウンロードしたりできるようになった。

 Writelyは,Ajaxと呼ばれる手法で開発されたWebブラウザ上で動くワープロ。2005年8月よりベータ版を利用可能としていた。使用にあたってパソコンに特別なソフトウエアをインストールする必要がない。「Webベースの電子メール・サービスが『1台のパソコンからしか電子メールにアクセスできない』という根本的な問題を解決したように,Writelyを使うと,インターネットに接続されいればどのパソコンでも文書の利用や編集が行える」(Upstartle社)

 なお米メディアは(CNET News.com)Upstartle社が,WritelyをPDFとRTFにも対応させる計画であると報じている。

◎関連記事
米Microsoft,「Office 12」ベータ版を一部の顧客やパートナに提供開始
Microsoftのライブ・ソフトウエア戦略はWeb 2.0になれるか?
株主総会でオンライン・サービスへの注力を語った米MS——ライバルを名指しする内部メモ流出
MS Office書類をOpenDocumentに自動変換,米Sunが「Web 2.0への移行を支援する」サービス
GoogleとSunの提携で脚光を浴びたAjaxオフィス・ソフトの可能性
米Sunと米Google,「Google Toolbar」「JRE」「OpenOffice.org」などの提供で協力
デスクトップの機能をネットワークが吸い取る---MicrosoftがGoogleを恐れる理由
米マサチューセッツ州,MS Officeからオープン標準規格ベースへの移行計画を最終決定

[発表資料へ]